ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2013年06月12日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓日連帯への課題 思想・価値観の視点(4) 
個々の兵士が納得できる普遍的価値を

洪熒・本紙論説委員

 日本と韓国では同じ保守といってもだいぶ差がある。韓日が共通の価値を掲げ協力して一つの方向を目指すとすれば、何を目指すべきか。
 韓国の自由民主主義建国革命が目指す価値は、簡単にいえば、個人の自由と安全の拡大といえるのではないだろうか。韓国軍はそのような価値のために、死を覚悟して戦う。
 日本は、1945年以降最高の価値として何を目指してきたのか。日本の自衛隊はどうなのか。外部から攻撃されたら反撃する。有機体として当然だが、それはどのような価値観に基づく行為なのか。そのあたりから確認することが、韓日の共通の価値観を確認するスタート点になると思う。
 日本の自衛隊法には「わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つため」と記されている。国のために戦うのはもちろん尊いことだが、個々の隊員が納得できる何らかの普遍的価値もあるのが望ましいと思う。生活の糧のために隊員になったのならば、傭兵と変わりない。
 共産主義国家の軍隊は、共産主義イデオロギーと党の命令に従って戦うだけだ。
 自由民主主義社会の韓国の軍隊は目的がはっきりしている。つまり共産独裁と戦い、北を解放し、2000万人の人々に韓国と同じ自由と安全を与えるという善と正義の大義名分、自分を納得させられる普遍的価値がある。日本はその点でどうだろう。
 韓国の保守は、日本との同盟を望む。韓国は恐らくウラル山脈以東のアジア大陸で自由民主主義制度が根を下ろした唯一の国だから、できればアジアのすべての民に自由と安全を与えたいというのが、保守のビジョンである。そのためには日本と一緒にやりたい。
 日本と韓国が同盟を結んで立ち上がればアジアに自由と安全をもたらすことが可能だ。そのためには、韓日両国が互いの違いを自覚した上で共通の普遍的価値を明確化して手を取り合う努力が、今こそ必要であろう。(おわり)

2013-06-12 3面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません