ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-09-28 11:45:26
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年10月24日 00:41
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「韓母三千之教」=編集余話 瞻星台

 孟子の母は、子供の教育のために住むところを3回変えたという有名な話がある。「孟母三遷之〓」だ。しかし韓国の母親は孟子の母より教育熱心だ。特に幼児英語教育は凄まじい▼現在、韓国全国に225カ所の英語幼稚園があり、9741人の園児が通っている。授業料が年間1500万ウォンを超えているところもある。ちょっとした大学より高い授業料だ。小学校に入る前の2年間で3000万ウォンになる。今や、韓国の母は、3000万ウォン払って英語教育させる時代だ。さしずめ「韓母三千之教」といえる。子どもたちに聞くと「“お母さんが言うには"私の夢は、ハーバード大学に入ること」だそうだ▼その母親は、授業料を工面するためアルバイトをするという。家庭教育はどうするのだろうか。一番重要な時期に母親と一緒にいる時間を割いてまで、英語ができるというスペックが重要なのだろうか。人格形成のほうが遥かに重要と思えるのは私だけだろうか▼大学の授業料よりも高い英語幼稚園に通わせる社会はやはり正常ではない。幼児英語塾が10カ所できると近くに小児精神科が1カ所できるともいわれている。おかしな社会だ。借金をしてまで塾に通わせるエデュ・プア(教育貧困)も現れ、その数は300万人を超えているという▼ソウル市に住む父兄の4割が、子どもの塾代に毎月91万ウォン以上かけるという。金持ちの多い学区の有名大学進学率が高い理由はここにあるのかもしれない。貧困層や地方学生は、ますます不利になる一方だ。過度な学歴偏重社会の是正が望まれる。(無諂)

2012-10-24 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
旧統一教会と朝総連 寄稿・三浦小太郎...
大阪韓国領事館が移転
ソウルを東京に擬える 第13回 郷土料理
本国投資協会がワークショップ
統率力求める在日同胞
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません