ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2012年06月08日 18:33
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
[声明]従北は反逆だ。反逆を許容するなら改憲せよ!
河泰慶セヌリ党議員は”大統領の従北言及が適切でない”と発言することによって”従北勢力を剔抉して大韓民国を正常化する”という出馬表当時の決然とした意志とは違う態度を示しています。
金美英(セイジコリア)
大韓民国で従北は反逆です。従北は国家の根本価値を否定する最大の犯罪です。
従北の実体は金日成絶対主義を容認し、金日成絶対主義から導出される北韓の如何なる状況や政策も内在的に接近して認めなければならないという意味を含んでいます。もっと深く入れば大韓民国を否定する理念と思想で武装した強固な組織の影響圏に属している勢力です。
鄭夢準セヌリ党議員は"思想を理由に国会議員を除名することに反対する”と言って従北に対する自らの認識を表明しました。河泰慶セヌリ党議員は"大統領の従北言及が適切でない"と発言することで"従北勢力を剔抉して大韓民国を正常化する"という出馬表当時の決然とした意志とは違う態度を示しています。
6.25動乱(韓国戦争)、朴大統領令夫人殺害、アウンサン廟爆弾テロ、KAL858爆弾テロなど重大犯罪が全的に不処罰(immunity)状態にあるこの時、鄭夢準、河泰慶などのセヌリ党議員の発言と民主統合党など野党諸議員の立場に断固として反対します。私たちは19代国会に蔓延している没価値的・反逆的国家観に注目して監視しなければなりません。
19代国会よ、従北を許容するならまず改憲しなさい! 特に第4条はまるごと廃棄せねばなりません。
"憲法第4条:大韓民国は統一を指向し、自由民主的基本秩序に立った平和的統一政策を樹立しこれを推進する”
"従北が自由民主的基本秩序と共存して行けますか? 首領絶対主義と3代世襲、鉄拳と恐怖政治は自由民主主義の敵です。憲法第4条を廃棄し、従北を思想の自由の範疇で許容し、思想市場の中で自由に従北主義を検証されるように放っておくという暢気で非正常的考えを持つ国会議員がまさか在籍議員の3分の2にまではならないでしょう?
憲法を超越した国会は存在価値がありません。当然この国では如何なる規範、どんな価値世界も金日成主義を許容することはできません! 断固として排撃し取除かなければなりません。従北という理由だけですでに大韓民国の国会議員資格は喪失です。
国中に警鐘を鳴らすべき時間です。われわれ国民はこの重大な歴史的転換期に史上最悪の国会を見ています。平凡な人々が国を護らねばならない時点です。本当に危殆な時代です!
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
現代製鉄 高炉停止の行政処分
米国のデジタル核攻撃で中国を無力化
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません