ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2012年05月30日 16:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
李明博大統領の職務遺棄を慨嘆する
李東馥
“北韓側の主張も問題だが、北側の主張をそのまま繰り返すわれわれの内部の従北勢力はもっと大きな問題”と言った李明博大統領の話に対して言いたいことがある。この大統領の話は“分かったら実践せよ”という先賢の言葉を想起させる。大統領が“われわれの内部の従北勢力がもっと大きな問題”という事実が分かったら、大統領の立場でなすべきことをやるべきであって“もっと大きな問題”と他人事のように口先だけで済ませることでない。
大韓民国を裏切って北韓独裁政権に追従する‘従北’政党である統合進歩党に対し大韓民国憲法第8条④項は、大統領に憲法裁判所に提訴して解散させることを明記して命令している。にも拘らず、就任宣誓で憲法守護を誓約した李明博大統領が“大きな問題”という口先だけでこれを糊塗しようとすればそれはまさに職務遺棄だ。
今回の李明博大統領の言葉は、狂牛病ろうそく示威に対してふと“朝つゆ”の話を持ち出した時を改めて聯想させる。慨嘆せざるを得ない。
www.chogabje.com  2012-05-28 15:30
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
親中グローバリストとの戦いが本格化
民団支援金、効率性検討へ
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません