ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-18 12:46:25
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年05月23日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金環日食の影絵=編集余話 瞻星台

 東京でも薄曇りの雲の切れ間から21日午前7時34分頃、金環日食が見えた。マジックを塗ったクリアファイル越しに太陽と月と自分が一直線になる感覚に浸れた。月が太陽の右上から入り、左下に出て行く。金環ができる直前とできた直後、リングの左下と右上に月がはめたまばゆいダイヤモンドのような輝きも2度観察できた。今回のように金環日食が広範囲で見られるのは932年ぶりという▼日食を見た一番古い記憶はざっと50年前。すすを塗ったガラス板で日食を見た。下校途中に空が暗くなり、地面には三日月形の木漏れ日がチラチラ影を落としていた。今回は薄曇りなので観測できなかったが、日差しが強ければ金環状の木漏れ日を見ることができたのではなかったか▼日食で面白いのは連想豊かな神話や伝承だ。北欧の伝承では狼が太陽を常に追いかけており、狼が太陽に追いつくと日食になるという。太陽神アマテラスが八百万の神々を残して隠れてしまった天の岩戸伝説には日食を擬人化したという説がある▼韓半島では太陽には3本足のカラス、セバルカマギが棲むという。高句麗の壁画に登場する天界の使者だ。この鳥は日本では神武東征の道案内役をした八咫烏で、3本足のカラスは古代東アジア共通の伝説の鳥だ▼ところで、月にはウサギとともにヒキガエルが棲むという。狼の故事にちなめば日食はヒキガエルが八咫烏を食べてしまうというストーリーにもなりそうだが、金環食は太陽が月を呑み込んでしまったようにも見えるから、両者の勝負は5分5分だろう。

2012-05-23 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第13回
東海に膨大な石油・ガス埋蔵
疑惑のインド「単独外交」
金永會の万葉集イヤギ 第14回
ソウルを東京に擬える 第30回 マン...
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません