ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2012年02月29日 01:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
中国政府は大韓民国の国会議員を与し易いと思っているのか
中国が韓国を対等なパートナーと考えるならこのような傍若無人な態度は取れないはずだ。
自由先進党
中国政府が脱北者強制北送に反対して中国大使館の前で一週間以上断食を続けている自由先進党の朴宣映議員の中国訪問ビザ発行を拒否した。このため中国を訪問して脱北者の北韓への強制送還問題を議論しようとしていた朴議員は出国できなかった。
中国側の措置は、外交関係を結んでいる主権国家を冒涜したも同然だ。憲法機関に該当する国会議員が自国の在外公館から業務報告を受けるために申請したビザが拒否されたのは常識的に納得できないことだ。中国が韓国を対等なパートナーと考えるならこのような傍若無人な態度は取れなかったはずだ。
中国は大韓民国がそんなに与し易いのか。大韓民国の国会議員がそんなに軽い相手に見えるのか。中国大使館側は朴議員のビザ発行を拒否した背景に対して納得できる理由を説明すべきだ。
自由先進党は、政府が中国側の無礼な処置に毅然として対応することを促す。今回の事案は国会議員一人のビザが拒否された次元の問題でなく、国家対国家の問題であるという認識を持たねばならない。また、今回の事態が中国に対するわが政府の「低姿勢外交」がもたらした問題ではないかを外交当局自ら省みなければならない。
中国は自称「大国」に相応しい人権国家の面目を保たなければならない。大国を自任する国が隣国の国会議員に欠礼することは、自ら「小国」であることを認めることになる。人権は人類普遍の価値であることを中国は肝に銘じねばならない。中国が大国であるなら当然これを尊重しなければならない。
2012.02.28、自由先進党副代弁人 李ギジュ
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
洗って使える韓国製抗菌マスク
慰安婦団体に金銭問題浮上
「韓国民の寄付」朝鮮学校の奨学金へ
デジタル全体主義へ進む文在寅政権
ブログ記事
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません