ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-05-27 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2012年02月27日 06:08
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
チリのアジェンデはソ連KGBの工作金で当選
ソ連の工作金45万ドルが歴史を変えた!
趙甲済
1970年選挙を通じて政権を取った世界初の共産主義者、チリのアジェンデ大統領は、南米の模範的民主国家を社会主義体制に変革させようとしたが右派の抵抗を招いて社会は混乱に陥り経済が崩れた。1973年9月ピノチェト陸軍参謀総長が率いた全軍のクーデターが起きると彼は自殺した。
保守分裂を利用して少数派で執権した彼はソ連情報機関のKGBと協力した人物だった。1992年、英国に亡命したKGBの秘密資料担当幹部だったワシリー・ミトロキンは、膨大な資料を持ってきたが、ここにアジェンデに対するKGBの工作内容があった。1970年の選挙で、アジェンデはメキシコ駐在KGB要員を通じて選挙資金を要請してソ連から45万ドルをもらった。ミトロキンの資料を分析した英国学者のクリストファー・アンドリューは、このお金がアジェンデの左派連合が第1党になるのに決定的影響を及ぼしたと主張した。当時アジェンデが率いた左派連合は3万9000票差で第1党になって(支持率36.3%)、国会でアジェンデが大統領に選ばれた。アジェンデは、KGB側に政権を取った後協力するという意向を伝えたという。
大統領になった以後もアジェンデはKGB要員であるクズネチョプを通じてソ連と協力した。政治情報も提供し、親ソ的政策も推進した。チリとソ連情報機関間の協力も模索した。ソ連も反米になったチリに政治的支援と経済的援助をし始め、アジェンデにレーニン賞を与えた。KGBはアジェンデに社会主義革命路線を成功させるためには権力機関を掌握した後暴力的方法を使わなければならないと忠告したがアジェンデは聞かなかったという。
米国もキューバに続いて南米で二番目に登場したチリの共産政権を転覆するために多方面の工作をした。チリの軍部は右翼勢力と協力してアジェンデ政府を苦しめるサボタージュを行い、全軍クーデターで共産政権を打倒した。チリ軍部の中でも合憲的政府を倒す訳にはいかないという派と共産党は駄目だという派が分かれて葛藤した。クーデター指導者のピノチェトを陸軍参謀総長に任命したのはアジェンデだった。このクーデターは米国CIAとの直接的関連性はない。
www.chogabje.com 2012-02-26 17:29
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
労働党日本支部をいつまで許すか
洗って使える韓国製抗菌マスク
慰安婦団体に金銭問題浮上
「韓国民の寄付」朝鮮学校の奨学金へ
デジタル全体主義へ進む文在寅政権
ブログ記事
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
3.1運動101周年 自由大韓民国第2独立宣言書
NO CHINA、文在寅を武漢へ、中国人を中国へ!
自由統一
金正恩、核兵器を拡散か
崩壊間近か、金正恩体制
最後の秘密親衛隊を組織
末期状況を露呈する平壌
北韓の新型戦略兵器は「MIRV」?


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません