ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-04-16 13:15:21
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2012年02月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
北の虫瞰図=編集余話 瞻星台

 鳥瞰図というのは、鳥が空から見ているような角度から全体を俯瞰する図のことであるが、虫瞰図という虫の目で物事を詳細に観察するという語もある。北韓の民衆を虫の目で観察した日本語の本がある。『KEDO所長が目撃した北朝鮮~断末魔の虫瞰図』というタイトルで、著者は李賢主・駐大阪総領事だ。1997年7月からKEDO(朝鮮半島エネルギー開発機構)事務所に韓国代表として赴任し、2年間にわたって、軽水炉型の原子炉建設現場がある咸鏡南道の片田舎で、北韓当局者と困難な交渉を担当した。その一方、地域で生活する民衆を、虫の目でつぶさに観察した本だ▼平壌は、北韓の人にとっては天国のようなところだが、片田舎にこそ北韓の実情が表れる。徳川家康の「百姓は生かさぬよう殺さぬよう」という統治哲学が今も最も忠実に実践されているような場所だという。社会主義の仮面を被った恐怖の独裁体制の中でも、家族を愛し、幸せになろうと努力し、家庭での農作物栽培にいそしむごく普通の人たちもいる▼北韓では今、飲み食いすること以外に、これといってすることがないという。原始的な共同社会に住む人々と同水準の素朴な人間になっているらしい。換言すれば、革命パワーが去勢されているともいえる▼ごく普通の人から革命パワーをそいだのは、独裁体制で金一族を崇拝しなければならないという脅迫観念で、それがために過剰忠誠を強いられる。その過剰忠誠も、「自由」というものを知れば、革命パワーに変化する。その点を指摘した良書である。

2012-02-01 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「パンデミック条約」反対会見開く
鄭長善・平沢市長に聞く
金永會の万葉集イヤギ 第4回
金永會の万葉集イヤギ 第5回
民団大阪で3機関長選出
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません