ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2011年11月28日 11:11
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
判事が言論の自由を享受したいなら判事職を辞めれば良い!
言論の自由も、特権も同時に享受したいというのは欲が過ぎる。
趙甲済
将校(軍人)と判事と公務員は普通の人が享受する言論の自由を享受できない。彼らは言論の自由の制限の代わりに特権を享受する。銃を取る権利、死刑を宣告する権利、法を執行する権利など等。そういう制限と特典をよく知った上でそういう職業を選択した人々だ。
言論の自由の制限が嫌なら辞めれば良い。辞めるのを止める人はない。言論の自由も、特権も同時に享受したいというのは欲が過ぎる。
* 韓米FTA批准と関連して一部の判事たちが左翼の反対デモに同調する言動を公然と表している。
www.chogabje.com 2011-11-28 10:09
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません