ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-05-17 12:33:19
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 自由主義保守派の声
2011年11月26日 23:24
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
議会民主主義の三大敵
国会議員でありながら表決を妨害する者、国会を攻撃しろと扇動する勢力、法律と規則が破壊されるのを傍観する者。
梁東安(韓国学中央研究院名誉教授)
どの国にも自国の政治制度の作動を妨害する敵らがいる。わが国にもわが国の議会民主主義の作動を妨害する敵がいる。大韓民国で議会民主主義の作動を妨害する最大の敵は次の3つの部類の集団だ。
最初の敵は、国会議員でありながら国会が討論→妥協→表決の場になれないように妨害する者らだ。国会は議会民主主義において問題解決の機関であり、国会においての問題解決は、決まった規則に従う討論→妥協→表決を通じて行なわれる。国会議員が如何なる理由でも討論、妥協、表決を妨害することは国会の問題解決機能を麻痺させる行為であり、これはまさに議会民主主義の作動を停止させることだ。
議会の内部から議会民主主義を作動不可能状態に陥らせるこういう者らは一様に「民主主義」を振り翳しながらそういう行動をする。議会民主主義を麻痺させる彼らの行動から彼らが青筋を立てて叫ぶ「民主主義」が何を意味するのか分かり難い。歴史を見れば、反民主主義者らが民主主義を主張しながら民主主義を殺害した例も少なくない。
二つ目の敵は、群衆に向かって国会を攻撃しろと扇動する勢力だ。最近、民主党の某議員と某議員は、韓・米FTAに反対する勢力に向かって国会を包囲して国会での韓・米FTA批准同意を阻止して欲しいと扇動した。国会を包囲、強圧して、国会が機能しないようにさせることは議会民主主義への反乱だ。国会を包囲しろと扇動する行為は、議会民主主義への反乱を扇動する行為と差がない。(*左写真は李鍾杰と鄭東泳)
議会を攻撃しろと、議会民主主義に対して反乱を起こせと扇動する者らも表に出す名分はいつも民主主義だ。民主主義の名で民主主義への反乱を扇動するこういう議会民主主義の敵は、自分たちの反民主主義扇動に反対する議会の措置をかえって反民主主義と糾弾する。呆れ果てる。
三つ目の敵は、議会民主主義の法律と規則が破壊されるのを傍観する者たちだ。この傍観者らは国会議員でもあり得るし一般国民でもあり得る。議会民主主義の法規に違反した者らに対して国会議員は厳重な懲戒をせねばならず、有権者は選挙の時そういう者らを必ず落選させねばならないのに、傍観者たちは寛容の美徳を理由にそういう処罰を事実上妨害する。
寛容というのは一般的には良いことだが、こういう反乱への寛容は美徳でなく悪徳だ。民主政治はスポーツに喩えば非常に荒っぽい競技に該当する。荒っぽい競技であるほど競技の規則が厳格に守られなければならない。そうでないと競技は乱闘場・喧嘩の場になってしまう。民主政治が上手く実行されるためには法律と規則が厳格に遵守されねばならず、法規違反者らを厳罰せねばならない。厳罰しないと、法規違反行為が反復的に発生し議会民主主義が故障を起こすようになる。
上に列挙した3大の敵が存在する限り、どの国でも議会民主主義はまともに作動しない。この国で議会民主主義をまともに実行するためには早急にそういう敵を剔抉せねばならない。その剔抉が行なわれない限り、この国で議会民主主義が正常に作動する日は来ない筈で、終極には議会民主主義そのものが瓦解される。
www.chogabje.com 2011-11-26 14:49
뉴스스크랩하기
記事: 洪熒 (hyungh@hanmail.net)  
この記者の他のニュースを見る
自由主義保守派の声セクション一覧へ
検証 第76回定期中央委員会(中) ...
検証 第76回定期中央委員会(下) ...
不正選挙の巨大ダムが崩れ始めた
民団中執委 監察機関への辞任勧告を決議
李壽源団長が再選 東京本部大会
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制君主になりたいという、すべての人が持つ欲望
自由統一
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡...
脱北者たちが教える北韓の真実
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北...
真実と希望の灯台・脱北民


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません