ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-02-20 12:44:45
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年10月21日 18:32
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「負の遺産」の昇華を=編集余話 瞻星台

 韓国と米国とのFTAが米国の上下両院で通過した。李明博大統領が国賓として招かれ、オバマ大統領との首脳会談が開かれたその日、ロシアのハサン駅と北韓の豆満江駅間で列車の試運転が行われた。ロシアは明らかに、北との結びつきを強めている▼韓半島では、大韓帝国末に国が4分された。「親米」「親日」「親中」「親露」の4つ巴である。それは現在においても変わっていない。韓国内は親北勢力によって「反米」と「親米」がにらみ合ったまま「右派と左派」の理念的・政治的戦いはいまだ続いている。世界有数の経済大国に発展しながらも、堂々と「北」を称える人がいて、高級韓国車のグレンジャーに乗り、韓牛に舌鼓を打ちながら「従北」を唱える人もいる。この矛盾を韓国はいまだ解消できていない。これが韓半島の地政学的な宿命なのかもしれないが…▼経済発展というプラスの遺産と同時に、やむをえないとはいえ軍事政権による過度な反共主義が、皮肉にも主思派に代表される親北・従北左派を生んでしまったのかもしれない。北韓は中国やロシアですら放棄した共産主義を、金氏王朝主義に変え、政権維持に努めている。南の一部でこれに同調する勢力を抱えてしまったのは、韓国の「負の遺産」だろう。そのため、ことあるごとに社会の葛藤としてそれは表面化する▼韓国はそれをプラスに転じていかなければならない。そして北は早く現状を正すべきだ。来年は、北は「強盛大国」、南は「大統領選」の年だ。大きく「変わる」が、少なくとも「乱」の年になってもらいたくない。

2011-10-19 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
群馬の追悼碑撤去の背景
民団中央が定期大会公告
3機関長立候補者が出そろう
任氏の立候補資格で紛糾
3機関長選合同演説会始まる 18日の...
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
精神論〔1758年〕 第三部 第26章 どの程度の情念を人々は持ち得るか
保守かリベラルか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません