ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-02-25 23:40:58
Untitled Document
ホーム > この一冊
2011年07月12日 22:56
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
菜食主義者
ハン・ガン著 きむ ふな訳

 「菜食主義者」「蒙古斑」「木の花火」の3編の独立した中篇小説からなっている長編小説である。3編を通して語られるのは、主人公ヨンへとその家族たちの物語だ。
 「菜食主義者」はヨンへの夫を語り部に、突然菜食主義者となった妻と力ずくでも肉を食べさせようとするその家族たちを描く。結婚し、一家の主婦となっている大人の娘に肉を食べないからといって暴力をふるう父親、自らの力では妻をいかんともしがたく、冷蔵庫に保管していた高価な肉を処分してしまったと妻の親に泣きつく夫。
 「蒙古斑」はヨンへの姉の夫、つまり義兄にあたる、創作に行き詰まった映像作家が、妻から妹の体に残る蒙古斑の話を聞いたことから始まる、悲劇への序曲。
 「木の花火」は、“木になってしまった"妹ヨンへと、見守る姉の追想と後悔。
 このように記述すると、ありふれた家族小説のようだが、ハン・ガンが描き出す世界は平凡ではない。主人公たちの心の奥底に潜む深い孤独と、やりきれないほどの心の傷とが読み手の心に息苦しいほど迫ってくる。
 クオン刊  定価=2200円(税別)

2011-07-13 6面
뉴스스크랩하기
この一冊セクション一覧へ
平昌五輪組織委と在日言論人が懇談会
厳しさ増す遊技業
中国が対韓工作で「禁じ手」
唯一の統一への道は 金正恩政権の崩壊
自由民主と民衆独裁の戦いで中立は存在しない
ブログ記事
安煕正の反米青年会はどういう組織だったか
韓国自由統一戦士たち、鄭美鴻・金美英の対談
国民が選んだ大統領を国会が詐欺的手法で弾劾した暴挙に憲法裁判所は同調するのか
朴槿恵大統領弾劾訴追過程の法的瑕疵
普通の人々が太極旗を掲げる理由
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
韓国軍、対北放送拡大
金正恩の不安の反証
閉鎖から1年 開城工団再開は国連制裁違反か
北、固体燃料の弾道弾発射
防衛部トップ解任


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません