ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-09-28 11:45:26
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2011年07月12日 22:09
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
いつの間にか南北は「整形大国」に=編集余話 瞻星台

 昨年末、韓国与党のハンナラ党党首であった安商守氏が「整形手術をしていない女性を自然産」と比喩し物議を呼んだことがあった。そのくらい韓国では、整形手術をするのが当たり前になった。手術をしていない人が珍しくて「自然産」と言ってしまったのだろうか▼入社試験の面接や、女性にもてたいとの理由で一般男性までが整形するようになった。否、在任中に行った大統領までいた。韓国はいつの間にか外貌や表面的な美を過剰に求める国になった。おばあちゃんが孫娘に整形手術させてあげるのが「ソンムル」(贈り物)といわれるくらいなのだ▼今度は、北の次期後継者である金正恩が、権威づけのために6回も整形手術を行ったと言う。祖父の金日成に似せるためだそうだ。おいおい南北はいつの間に「整形大国」になったのか。親から貰った体には傷をつけてはいけないという「儒教」の考えはどこにいったのだろうか。安商守前党首は、冒頭の発言とともに「工場(美容整形外科の病院)が一緒だから、皆同じような鼻や口をしている」と言ったと聞く。分かる人には「江南(ソウルの高級住宅街)のどこそこの病院だろうと」分かるそうだ。我々年寄りが、「若い子はみんな同じに見える」というのも納得だ▼北の病院はどこなのだろう、誰が執刀したのだろうかと疑問が沸々と湧き出す。ただいくら顔を祖父に似せても、北の住民は騙されないだろう。為政者は最低限国民を食べさせられるようにするのが仕事だろう。本当にいつの間に南北は見かけばかりの「整形大国」に変わったのだろうか?

2011-07-13 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
旧統一教会と朝総連 寄稿・三浦小太郎...
大阪韓国領事館が移転
ソウルを東京に擬える 第13回 郷土料理
本国投資協会がワークショップ
北韓の人権侵害を調査・記録
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません