ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-25 07:56:04
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2010年03月01日 09:42
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(62) 金鶴泳

 二人はアパートを出た。バスで西荻窪の駅に戻り、電車で吉祥寺に出た。やはり土曜日の午後のせいで、吉祥寺の駅の周辺も混雑がひどかった。熱気がむんむんしていた。
「こんど、敦賀には、いつ頃帰るつもりなの?」
 吉祥寺駅北口の雑踏の中で、列に並びながら保谷行きのバスを待っていたとき、洋子がきいた。
「来月に入ったら帰ろうかと思っている」
 留年申なのだから、夏休みも何もない。いつ帰省してもいいわけだが、祥一は何となく帰省するのが億劫(おっくう)だった。家に帰ってもロクなことがない。暗い思いをさせられるか、心に傷を受けるか、せいぜいのところ退屈するぐらいのものだ。
「わたし、来月はじめ頃に、五日ほど夏休みがとれるの。敦賀にはお正月に帰ったきりだから、そのとき敦賀に帰るつもりでいるんだけど、一緒に帰れないかしら」
 帰省するのが億劫だとはいえ、大学は夏休みということになっているのだから、やはり一応は、帰省しないわけにいくまい。去年も、おととしも、夏休みにはきちんと帰省していた。今年だけ帰らないというのは不自然だ。一週間ぐらいでも、顔を出すつもりでいた。
「来月はじめの、何日頃になる?」
 祥一はたずねた。
「いまのところ、まだはっきりしないのよ。もう何日かすれば、はっきりした日にちが決まると思うんだけど」
「ぼくの方はいつでもいいんだ。君も帰るんだったら、一緒に帰ることにしようか」


 洋子が一緒であれば、帰省の車中の億劫さも多少は薄れるだろう。
「そうして下さる?一緒に帰れたら、楽しいわ」
 そして、洋子はちょっと考えてから、
「来週の木曜日にお電話を下さらない?その頃にはもう決まっていると思うの」
「木曜日だね。木曜の午後に電話するよ」
 保谷行きのバスがやってきた。吉祥寺駅が終点で、折り返しの保谷行きになるために、乗っていた客はすべて降りる。降り切ったところで、行列に並んでいた祥一たちはバスに乗り込んで行った。
 行列は長かったけれども、彼たちは前の方に並んでいたので、座席に坐ることができた。行列がすべて乗り終ると、車内はほぼ満員だった。
「込むわね」
 と洋子がいった。
「土曜日のせいだろう」
 と洋一はいった。
 バスはすぐに発車したが、窓から吹き込んでくる風は、涼しいというより、むしろ暑苦しい。
 二人はしばらく黙ったままバスに揺られていた。
 洋子と会うようになったのは二年前からだが、彼女の部屋を訪れるようになったのは、あの直江津旅行から帰って数日後いらいである。それまでは、ごく普通の友達同士としてつき合っていた。
 一緒に映画を観たり、食事をしたり、喫茶店でコーヒーを飲みながら話し込んだり、ごくたまに演劇や音楽会に行ったり、そんな程度の平凡なつき合いだった。ただいちどだけ、少し遠出をして、横須賀線で北鎌倉に行き、鎌倉を経て、七里ヶ浜で一緒に海を見たことがある。

1984年9月14日4面

1984-09-14 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
東京でも「金正恩を許すな」
「革命政権」に冷淡な同盟 
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません