ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2010年02月15日 09:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(59) 金鶴泳

 それから洋子は、ベッドカバーをきちんと整えたあと、本棚をはじめ、あちこちにハタキをかけはじめた。
<そんなこと、しなくてもいいのに>
 祥一は、心につぶやいた。しかし、祥一の部屋に来るたび、きれいに掃除をせずにいられないのが、洋子の性分だった。
「あら、鬼胡桃(おにぐるみ)」
 机の上に置かれている三個の鬼胡桃を見て、洋子は頬笑んだ。
「相変わらず、鬼胡桃を握っている。握りながら机に向かっていると、気が紛れる。こすり合せているときの音がいいね」
 と祥一は、洋子の掃除の邪魔にならないよう、ベッドの縁(ふち)に腰を移した。
「必要だったら、またあげるわよ。敦賀の実家の庭で、これはいっぱい採れるんだから」
「その必要はない。君から貰ったのがまだ充分残っているから」
 洋子から贈られた二十個ばかりの鬼胡桃のうち、使っているのは、いまだに机の上の三個だけだった。手垢で多少黒ずんでいるものの、それなりに愛着も増していた。角(かど)も多少摩滅しで、握りやすくもなっていた。


 洋子の動作はてきぱきしていた。部屋の至るところにハタキをかけたあと、祥一が掃き掃除を済ませておいた床を、もういちど箒(ほうき)で掃いた。ベッドの下にまで箒を入れて、埃を掻き出した。ベッドの下までは彼は掃いていなかった。いつも、目に見えるところしか掃いていない。
「これでも、お掃除をしたつもり?」
 洋子は笑いながらまたいった。ベッドの下から、かなりの埃が出ていた。
「バケツと雑巾(ぞうきん)はどこにあるの?」
 祥一は、本棚の陰から雑巾をとり出した。拭き掃除をほとんどしないから、雑巾は乾き切っている。
「バケツは、一階の共同洗面所にある」
 洋子は階下に降りて行った。バケツに水を入れて運んできて、拭き掃除をはじめた。床、机、本棚、窓の敷居など、丹念に拭いた。
 祥一は、為すこともなく、相変わらずベッドの縁に坐り、洋子の仕種(しぐさ)を見ていた。彼女が床を拭いているとき、肉づきの豊かな臀部がさらに丸く膨らんだ。
 彼は、欲望をおぼえた。彼女は、額から汗を流しながら床を拭いている。そういう洋子を欲望の目で見ている自分を振り返り、やはり、自分にとって洋子は、欲望のはけ口の対象でしかないのだろうか、という思いがまたしても彼の胸をよぎる。
 いや、それは違う、と彼は自分の中でいい返す。欲望の対象としてだけだったら、深沢正恵にわざわざ洋子の住所をききもしなかったろうし、洋子に手紙を書くこともしなかったろう。鬼胡桃だって、はじめから握りもしなかったろう。
 むしろ、自分が感じているのは、依然として自分を見続けてくれている、洋子に対する感謝の気持だ。時折洋子にやましさに似た思いをおぼえるのは、洋子が自分を見続けてくれている割には、自分は洋子を見つめていない、相変わらず自分の中だけを見つめている、そこからくるところのものだ。
 たしかに、洋子に逢うと、欲望をおぼえ、洋子の身体に身体を埋める。そのときに自分の味わっているのは、快楽であると同時に、一種の安堵(あんど)感というべきものだ。現に、いま、汗を流して丁寧に掃除をしている洋子を目の前にしながら、自分の感じているのは、欲望という以上に、安堵の感情ではないか。

1984年9月9日4面

1984-09-09 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
「自由民主市民統合連帯」結成を呼びかけ
北韓人権問題に消極的な日本当局
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません