ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-03-29 19:50:49
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2010年02月10日 09:36
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(58)金鶴泳

 学生特有の観念性というものだろうか。
 優柔不断な人間であると同時に、観念的な人間。
 それに、繰り返していえば、やはり洋子との結婚が可能だとは思えないということが、最も大きく彼の気持にブレーキをかける。不幸な結末が、目に見えるような気がするのである。これもまた、優柔不断な人間の、優柔不断であるゆえんであろうか。
 洋子は、こんどは、南側の窓辺に行って、塀の向こうの隣家を見下ろした。アパートはスレートの屋根だが、平家の隣家は黒味がかった灰色の普通の瓦屋根である。
「金沢では、紺色の瓦屋根が多かったわ」
 洋子は、テーブルに向かって坐っている祥一を振り返りながらいった。
「紺色?」
「普通の瓦に、紺色の釉薬(うわぐすり)が塗ってあるのよ」
「何のためだろう」
「釉薬を塗った方が、長持ちするらしいの」
 それから、金沢の町は、駅前は別として、少し行くと、三階建て以上の建物の建築は禁じられている、ともいった。
「どうして」
 祥一はまたきいた。
「どうしてかしら。町の美観を損ねないためかしら」
 洋子にもよくわからないらしかった。


「とにかく、金沢はいい町だったわ。城下町のせいかしら。新潟なんかは平凡な地方都市という感じだったけれど、金沢はしっとりと落ち着いた町だったわ」
 そういって、洋子は窓辺を離れた。
「さてと、何からはじめようかな」
 洋子は部屋を見回した。
「掃除だったら、もう済んでいるよ」
 祥一は笑った。洋子が部屋を見にくるというので、祥一は一応の掃き掃除を済ませておいたのだ。
「これでお掃除をしたつもり?」
 こんどは洋子が笑った。指で床をなぞって、それを祥一に見せた。
「この埃は、なあに?」
「箒(ほうき)で掃いただけだから」
「拭き掃除もしなくてはだめよ」
 洋間だから、部屋の中ではスリッパを履いている。拭き掃除は必要ないと祥一は思っていた。
「まずこの空き瓶を片附けなくては」
 と洋子は空き瓶を数本ずつ、階下に運んで行った。
「片附けるって、どこへ片附けるんだい」
 祥一は瓶の片附け場所を知らなかった。紙屑などは、階下の階段横に大きなダンボール箱が置かれてあり、そこに入れて置くと、管理人の奥さんが定期的に処分してくれる。
 しかし、瓶のたぐいは、どこに捨てたらいいのか。ウイスキーの空き瓶だけに、管理人の奥さんや同宿人の手前、ダンボール箱の横に並べておくのも、何となく気が引けていた。
 だが、洋子は、さっさと空き瓶を階下に運んで行った。しばらく時間を置いて戻ってきたので、どこに捨てたのかときいたら、ここに置いて下されば、そのうちに片附けます、と管理人の奥さんに庭の一隅を指定されたという。
 アパートの手前隣りの平家が、管理人を兼ねている家主の娘さん夫婦の住居だということも、アパートに来る途中、洋子に話しておいた。
 人見知りをせず、てきぱきとそういうことをするところも、職業柄のせいだろうか。

1984年9月8日4面

1984-09-08 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
ソウルで太極旗集会の現場から…
「日本人漁民50人以上を殺した」
太極旗革命をもって大韓民国の未来を
親族虐殺者の部下を認めた朝総連
朴大統領 弾劾決定
ブログ記事
ブログの読者各位 『新・浦安残日録』(号外)
新・浦安残日録(3) 晩節の〝選択〟
”若い世代が統一のための体力を作る”、韓国若者たちの誓い
国会内に大韓民国の敵がいると一喝する金鎮台議員
禹鍾昌記者が憲法裁判官8人を相手に損害賠償訴訟を提起
この一冊
『婦人会画報 絆』第1巻第4号
『婦人会画報 絆』第1巻第3号
『在日本大韓民国婦人会画報』第2号
菜食主義者
中国朝鮮族を生きる 旧満州の記憶
自由統一
北の人権状況告発
韓米演習に合わせて挑発
北韓をテロ支援国再指定へ
「日本人漁民50人以上殺した」
「北の脅威を抑制」


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません