ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-11-30 12:33:46
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2009年12月11日 02:33
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
戦争はピクニックでない!
戦場に出る軍人の最優先の課題(目標)は安全でなく勝利だ。勝利してこそ安全になる。
趙甲済
大統領や国防部や言論が、アフガニスタンの戦場へ派遣される韓国軍350人の安全が最優先だと強調する。戦争に出る軍人が、勝利でなく安全を最優先にしたら、逃亡や降伏、戦闘を回避する可能性が高くなる。軍人の最優先の課題は勝利であり次が安全だ。勝利してこそ安全になる。敗北すれば安全が吹っ飛ぶ。
 
米軍など他の国々の軍隊は危険を冒して戦うのに、韓国軍だけ安全地帯を求めるなら、戦争遂行の妨害物になる。実際にわが兵士たちの派兵支援率は高いと予想される。イラク派兵の時もそうだった。兵士本人の志願だけでなく、両親が同意してはじめて派兵した。
 
戦闘手当ても多く、兵士でも6ヶ月勤めれば1000万ウォン以上を貯められて、除隊後の自身の学費に当てることができる。冒険を希望する若者たちの覇気に、大統領や国防長官が安全を強調し過ぎて冷水を浴びせるのでないかと反省しなければならない。
 
本当に軍人の安全が最優先なら、アフガニスタンへ派兵してはならない。戦場に行く軍人は死ぬかケガする覚悟をしなければならない。国家は、そういう犠牲が避けられないという事実を国民に正直に説明しなければならない。国はそういう犠牲を最小化する努力をせねばならず、犠牲が発生した時はそれが国と国益のための高貴な犠牲になるよう色々な支援をしなければならない。
 
戦争はピクニックでない。
 
www.chogabje.com 2009-12-10 17:37
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
ソウルを東京に擬える 第16回 ...
北韓の過酷な生活を伝える
民団とともに在日社会の発展を
朝鮮学校も罠に利用する道具
観客を魅了する魂の踊り
ブログ記事
ウィル・スミスとプーチン
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません