ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年09月03日 10:57
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(36) 金鶴泳

「国際政治をやりたいと思ってね」
 と伊吹は盃を口に運んだ。
「政治か」
「朝鮮問題を専攻したいと思ってるんだ」
 突然、伊吹はいった。
<おいおい>祥一は驚いて、心につぶやいた。<俺が朝鮮人だからというんで、急にそんなことを思いついたんじゃあるまいな>
 しかし、伊吹はいった。
「これはもう、ずっと前から考えていたことなんだ」
「どうしてまた、朝鮮問題を……」
 法学部にせっかく入って、専攻が朝鮮問題では、割が合わないんじゃないか、という気持が祥一にはあった。朝鮮問題は、一般の日本人には、見向きもされていない。それは、朝鮮が、単なる無関心ならまだしも、軽侮の目でしか見られていないことと照応している。
「ちょっとあっちの方面の事情に、興味があるんだ」
 伊吹はそうとしか答えなかった。どこまで変わっている学生なんだろう、と祥一は思った。
 九時すぎに二人は赤提灯を後にした。飲みつけていない酒を飲んだせいか、伊吹の足はふらつき気味だった。
「大丈夫か」
 祥一は、伊吹の肩を支え、声をかけた。


「大丈夫だよ。ただ、いま俺は、地動説の方を信じているね。俺が動いているんじゃない、地面の方が動いているって感じだな」
 少し飲ませすぎちゃったかな、と祥一は思った。二人で七、八本の銚子だから、さほどの酒量でもないはずだが。さわやかな風がさっきより強くなっていた。吹きつけてくるたびに、酒で火照った身体に気持がよかった。星が鈍い光をまばたたかせている。
 祥一は、伊吹の肩を支えながらアパートの方に歩いて行った。商店街を外れたところで、車の通らない近道の路地に入って行った。住宅街の細い道である。人通りはまったくなく、あちこちの家の塀の向こうに、くちなし、來竹桃などの花が外灯の光の中で浮いていた。
 祥一は、伊吹にいちだんと親密なものを感じていた。
 酒のせいだろうか。一緒に酒を飲むと、心の隔てが除(と)れるようである。まだまだ祥一にとって、伊吹は謎めいた人間であるけれども、彼が何かを求めているのがわかった気がした。そして、祥一も、何かを求めている、いわば生きることの意味を探りたいと考えている人聞だった。
「美は世界を救う」
 キッチンリバーで伊吹が口にした、ムイシュキン公爵の言葉が甦った。それは、ムイシュキン公爵の言葉であると同時に、伊吹自身の信念でもあるのではないか。
「この下らない世の中、それでも生きている値打ちがあるのは、美があるからだ」
 美とはおよそ縁遠い風采(ふうさい)をしている伊吹の口から、そういう言葉が出る。祥一は、伊吹の心にキラリと光るものを感じた。
 ふと伊吹が足をとめ、ちょっと身を屈(かが)めながら、脇の石塀に両手を突いた。吐気でも催したのかと思って、
「どうした」
 と祥一が伊吹の顔をのぞき込むと、何と、伊吹の両眼から涙が流れていた。
 祥一は呆気にとられ、伊吹を眺めた。何の涙かわからぬまま、微かに震えている伊吹の肩をしばらく見つめているうちに、やがてわけもなく祥一の中にも熱いものがこみ上げてきた。

1984年8月8日4面掲載

1984-08-08 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません