ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年09月01日 13:21
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(35) 金鶴泳

 それから、作品の題名は忘れたが、ある日の古文の時間に、男女が小魚の干物を、両端から同時に食べる件(くだり)が出てきたことがあった。
 どういう意味の行為なのだろうと、祥一が解しかねていると、接吻のことだと教師は講釈した。
 祥一は意外に思った。それまで、彼は、接吻という行為は、戦後アメリカから輸入されたものだとばかり思っていたのだ。そうか、昔の日本の男女間にも、接吻という行為一はあったのか、などと頓馬(とんま)な感慨に耽(ふけ)つたのを憶(おぼ)えている。
 要するに、高校生の祥一は、文学作品は受験勉強のひとつとしていくつか読んだだけで、積極的な関心はほとんど寄せていなかった。微積分の問題を解いている方が面白かった。
 向かいの客の一人が、店のあるじに、ビールと、それから肴(さかな)を二つ三つ、さらに注文した。伊吹は、顔をうつ向け、黙ったまま酒を飲んでいる。
 祥一は、酒をさらに二本注文した。伊吹が黙っているので、祥一は煙草に火をつけ、自分の想念を続けた。


 祥一は、いつかの化学の先生の講演を思い返した。定年退職に際しての、別れの挨拶を兼ねた特別講演だったのだが、そのとき先生は、学者になるためには、安定した家庭環境に育つことが必要条件である、と率直に話した。学者生活を続けるためには、安定した精神が必要であり、安定した精神は、安定した家庭環境に育つことによって生まれる……。
 技術者か、できれば研究者、つまり学者になりたいという希望を持っていた祥一は、先生の言葉が、自分に向かって発せられたような気がした。
 <<だから、金君のような人は、学者には向かない>>
 そういっているように思われた。
 自分の育った家庭は、安定した環境なんてものではなかったし、いまだってちっとも安定していない。そのせいか、自分の精神もちっとも安定していない。得体の知れない空さ、やりきれなさが胸の内にわだかまっていて、じつに不安定に浮き沈みしている。
 祥一は、先生の言葉を本当だと思った。むしろ、自分が漠然と感じていたことを、先生は的確に表現してくれたような気がした。まったく、夕暮れの空を見ただけで、疼(うず)きにも似た辛さの感情にみまわれるたぐいの人間に、静かな学究生活が勤まるとも思えない。
 自分が、少なくとも学者への道を自分の中からはっきりと排除したのは、あの先生の講演がきっかけになっているように、いまの祥一は思う。
「ところで、君はどうして法学部に進んだんだい。お父さんが医者をしているんなら、医学部に入ってよさそうなものじゃないか」
 しばらく黙り合って酒を飲んだあと、祥一は、あるじが差し出してきた二本の銚子のうち、一本を手にとって、伊吹の盃に注ぎながらきいた。貨物列車が通りかかり、椅子の下からの地響きがひとしきり強く伝わってきた。
「医者なんか、詰まらねえ」
 貨物列車が通りすぎたところで伊吹はいった。酔ってきているとみえ、口調が常よりもさらにぶっきらぼうになっている。しかし、伊吹の顔色は、常よりもいくぶん青味がかっている。
「弁護士にでもなるつもりかい」
 弁護士になるには、まずその風釆の是正を図らねばならないなあ、などと思いつつ、祥一は冗談混じりにきいた。

 1984年8月7日4面掲載

1984-08-07 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません