ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-07-18 00:00:00
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2009年04月12日 09:25
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(30) 金鶴泳

「酒?」
 伊吹はきょとんとした顔で祥一を見返した。
「ぼくがおごるよ。中ジョッキのビールじゃどうも物足りない。今夜は大いに飲みたいんだ。つき合わないかい」
伊吹は苦笑しつつ、
「つき合ってもいいけど、知っている店でもあるのかい」
「よく知っているというわけではないが、すぐそこにちょっとばかり感じのいい赤提灯(あかちょうちん)の飲み屋がある」
 本当は、感じがいいなんてもんじゃない。じつは、祥一は、その店にはつい先日、行きあたりばったりに、いちど入っただけだった。駅の南口を出てすぐ右側の路地には、何軒もの飲み屋が並んでいて、どこで飲もうかと路地をずっと進んで行ったら、路地の突きあたりが曲り角になっていて、飲み屋の軒並みはそこで尽きていた。尽きたところの角が赤提灯の小さな店になっていたので、祥一はとりあえずそこで飲むことにした。文字通り、行きあたり、というより突きあたりばったりに入った店だった。
 五十年配の不愛想なあるじが一人で営んでいて、肴(さかな)もこれといったものはないが、ビーフシチューを腹に納めたあとであってみれば、そんなことはどうでもいいだろう、と祥一は踏切を渡るのをやめ、伊吹をその店に導いて行った。


 店は空(す)いていた。コの字型のカウンターの回りに、椅子が十いくつか並んでいるが、客は四、五人ほどだった。安飲み屋だけに、天井は黒ずみ、壁もカビのようなもので青味がかっている。河野屋の方がずっと清潔なくらいである。伊吹は美食家だけに、薄汚いこういう店についてどういう感想を持つだろう、と祥一は思ったが、伊吹は別に何の表情も示さなかった。良質の肉さえ食えば、あとはどんなところでもいい、とでも思っているかのように、店のたたずまいについては無関心な様子だった。
 伊吹と一緒に酒を飲むのももちろんはじめてだったが、伊吹はやはり酒の方も行ける口だった。大根おろし、冷やっこなどを肴に、二時間ほどのあいだに、二人で銚子を七、八本空(あ)けたろうか。
「金さんは、いつ頃から酒を飲むようになったんだい」
 一緒に飲みはじめてしばらくしてから、伊吹がたずねた。
「小学校五年のときだな」
 伊吹は怪訝(けげん)そうな顔で、
「小学校五年?」
「処女酒を飲んだのが小学校五年ということさ。その頃、ぼくの家では酒の密造をしていたんだ。裏の物置には、おやじの造った大きな樽入りの酒がいくつも並んでいた。その酒を盗み飲んだのが、酒の味を知った最初ってところかな。ちょくちょく飲むようになったのは大学に入ってからだ」
 そういって、祥一は銚子を手にとり、伊吹の盃(さかずき)に酒を注いだ。伊吹も自分の前の銚子をとって祥一の杯に注いだ。
「金さんちも酒の密造をやっていたのか。ちょうどその頃、敗戦後まもない頃だね、俺のクラスにいた朝鮮人の家も密造をやっていた」
「小学校の同級生に朝鮮人がいたのかい」
「一人いた。同じ学年では四、五人いたかな。もっとも、みんな日本名を名乗っていたけど。金山とか、吉村とか」
 伊吹はそこで酒をひと口飲んでから、
「ところで、金さんは最初から金という朝鮮名を使っていたのかい。大学で知っている朝鮮人にも、まだ日本名を使っているのがいるけれど」
 と祥一にたずねた。

1984年7月31日4面掲載

1984-07-31 4面
뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
韓国与党が中国共産党と政策協約
大阪金剛学園 新理事長に崔潤氏
反国家団体「韓統連」など招待
文大統領は「第3国仲裁委」構成を受け入れよ
半導体3品目 輸出優遇除外も影響は限定的か
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
開城工団再開の宣伝道具に
奇襲南侵から69年
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません