ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-11-18 09:01:27
Untitled Document
ホーム > アーカイブ > 小説
2008年08月24日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
序曲(4) 金鶴泳

 とにかく、洋子は、卒業記念と大学合格祝いを兼ねて、恥じらいの色を顔に浮かべながら、自分に鬼胡桃をわざわざ贈ってくれたひとなのだ。その鬼胡桃を、いまも自分は毎日手にしている。
 高校時代、彼女は自分の眼中になかった。しかし彼女の方ではひそかに自分を視ていたわけだ。自分を見守り、自分が指の皮をむしるのを心配してくれていたわけだ。けっしてただの女友達ではない。ボディーフレンドなどというものでもない。なのに自分は彼女に恋を感ずることができない。夢中になることができない。結果的に自分はただ彼女を弄(もてあそ)んでいるのではないか。しかし、不真面目な気持で彼女とつき合っているという意識も彼にはない。
 この前逢ってからもう三週間以上になる。いつもは、週にいちどは西武池袋線の保谷にある洋子のアパートを訪れでいた。
 祥一は、三週間前に、それまで下宿していた湯島新花町から西荻窪に引越してきた。引越し荷物の整理がたいへんだったせいもあるが、それにしても三週間以上も洋子に連絡しないのはながすぎる。荷物の整理は数日で終っているのである。
 湯島新花町なら本郷の大学まで歩いて十五分ほどで行ける。家主が裁縫師をしている古びた家の二階座敷で、北向きの部屋のために滅多に陽が差さず、しかも狭い路地のすぐ向かいが結構高い石塀になっていて、至極陰気な部屋だったが、大学に歩いて行けるのが便利だった。しかし、留年を決め込んだ以上、大学の近くに住んでいても仕方がない。郊外の、もっと風景がひろびろとしているところに移ろう。そう考えて、大学の厚生課の下宿斡旋(あっせん)係に紹介して貰い、西荻窪に引越してきたのである。

 前方からバスが鈍い音を響かせながら近づいてきた。両側に電柱が立っているために、バス一台だけで道はほとんどふさがる。駅に近い商店街とはいえ、道幅はそれほどに狭かった。伊吹と祥一は電柱の陰に立ちどまり、バスの通りすぎるのを待った。
 下宿のアパートから駅まで歩いて二十分ほどだった。歩くには少し遠いが、といってバスで行くには近すぎる。引越してきたばかりの頃、二、三度バスを利用したことがあったが、いまではいつも歩いて駅と下宿のあいだを往復していた。伊吹も同様だった。
 バスが通りすぎると排気ガスの臭いが鼻を突いた。二人はまた歩き出した。伊吹は考えごとを続けているのか、相変わらず顔を少しうつ向けて黙り込んでいる。祥一も黙ったまま歩いた。
「君と結婚はできないよ」
 いつだったか、祥一は洋子にいった。
 洋子が結婚の相手としてふさわしくないというわけではない。日本人女性との結婚は、父母の反対が強く、不可能だと思ったのだ。親の反対を押し切って結婚したとしても、洋子を幸福にできるとは思えなかった。
 敦賀で小鯛(こだい)やスズキなどの笹漬(ささづけ)の製造販売を職業にしている洋子の両親が、朝鮮人についてどう思っているかは知らない。ただ、祥一の両親、特に父は日本人との結婚は絶対に反対だった。父の泰映は強烈な民族主義者である。いいかえれば反日主義者である。祥一の妹純子が四カ月前に家出し、それきり行方不明になっているのはそのためである。

第3185号 1984年6月22日(金曜日) 4面掲載

뉴스스크랩하기
小説セクション一覧へ
「韓日慰安婦合意、現在も有効」柳興洙...
メディアが作った「偽の大統領バイデン」
疑惑を報道しない巨大メディアは不正選...
「第2次米中戦争」も韓半島が決戦場
北送の悲劇「True North」 ...
ブログ記事
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません