ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-07-17 12:52:19
Untitled Document
ホーム > 主張
2024年06月11日 10:34
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 5日に開会した第22代韓国国会で、前代未聞の事態が起きた。与党議員が参加しなかったのだ。1967年の朴正煕政権、20年の文在寅政権時に野党第1党が参加せず、与党単独で国会が開かれた前例はある。だが、野党が単独で国会を開く事態は制憲国会以降初めてのことだ▼問題は常任委員長の配分を巡る与野党の対立から始まった。これまでは国会法制司法委員長が第1党であれば、運営委員長は第2党から選出するといった暗黙の慣例があった。これを事前の調整で野党側が拒否した▼現在、国会は野党が絶対多数の議席を持つ。国会法に基づいて採決すれば、野党の要求は全て成立する。野党が18の常任委員長をすべて占める状況も作れるわけだ▼国会は法律の制定、予算の審議・議決をする機関である。与野党の勢力対立をすべき場ではない。ねじれ国会だった前国会でも、国民年金改革案、少子化対策関連法案など与野党の意見がまとまらずに処理できなかった法案は多い▼国会議長には、「国民の力」の議員不在のまま、共に民主党の禹元植議員が選ばれた。文政権時代、同党の院内代表を務めた人物だ▼尹錫悦政権発足後の2年間、尹大統領が公約に掲げてきた労働・教育・年金の改革は、野党の壁に阻まれ成果を出すことができなかった▼総選挙で与党が多数議席を得ることが改革を進める唯一の方策だったが、与党は惨敗。議会への参加を放棄した代償は、与党をさらなる窮地に追い込む悪手だったといえるだろう。根本的な対策こそ必要ではないか。

2024-06-12 1面
뉴스스크랩하기
主張セクション一覧へ
金永會の万葉集イヤギ 第16回
ソウルを東京に擬える 第31回 居酒...
金永會の万葉集イヤギ 第17回
韓商新会長に柳和明氏
金永會の万葉集イヤギ 第18回
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません