ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2022年06月07日 11:45
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可解な決定で混乱

  大統領の直属組織「軍死亡事故真相究明委員会(以下、究明委)」は2020年、「天安艦沈没事件」について、再調査の対象外という事実を把握していながら再調査の決定を下したことが明らかになった。
監査院による調査の結果、当時のイ・インナム委員長は「天安艦座礁説」を提起したシン・サンチョル氏の訴えを受け入れ、同年12月から再調査を行った。
イ・インナム委員長は元民弁(民主社会のための弁護士の集い)のメンバーであり、18年に当時の文在寅大統領が任命した人物だ。しかし、この調査は天安艦の犠牲者遺族と生き残った将兵らの反対に遭い、中断することになった。
監査院は昨年11月から究明委の監査に乗り出し、再調査の決定が不当だったことを指摘した。
監査院は「究明委事務局は、(シン氏が)訴えを起こす権利や知識などの要件を満たしておらず、天安艦沈没事件の原因は明白であり委員会の調査対象となる『軍死亡事故』に該当しないため却下対象であることを把握していた、もしくは把握することができる状態だった。それでもなお、調査開始を決定して不必要な騒動を惹起させた」と結論付けた。
10年3月26日、西海・白〓島の海上で発生した天安艦沈没事件は当時、韓国や米国など5カ国の専門家が集う民軍合同調査団の調査で「天安艦は北韓の魚雷攻撃で沈没した」との結論に至っていた。
文在寅政権当時、放送審議委員会は「潜水艦衝突説」などの陰謀論を展開したYoutubeコンテンツに対して「表現の自由」という理由で放送を許可した。さらに18年、文前大統領は天安艦攻撃の主犯とされていた北韓の金英哲(当時の偵察総局長)を招請し、国賓級の待遇でもてなした。
昨年11月、「天安艦」の名称をつけた新型護衛艦の進水式を行ったが、当時の天安艦の沈没事件で生き残った将兵たちは全員不参加だった。国を守って犠牲になった軍人らの名誉を政府が失墜させたとして抗議の意を表したものだ。
(ソウル=李民晧)

2010年4月24日、北韓の攻撃による沈没から1カ月ぶりに引き揚げられた天安艦

2022-06-08 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません