ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-08-08 09:56:54
Untitled Document
ホーム > 主張
2022年05月31日 10:28
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 韓国の新たなスタンスが明らかになった3日間だった。尹錫悦大統領は、中国寄りだった前政権と真逆の姿勢を打ち出した。会談した米国のジョー・バイデン大統領だけでなく、周辺国にもそれは十分に伝わったはずだ▼韓半島の北側では、周辺国に脅威となる兵器の開発が進んでいる。実験を含め、挑発行為も止まらない。バイデン大統領が韓日訪問から帰国したタイミングを見計らったかのように、ミサイル発射実験を行った▼韓国の反応は素早かった。軍は弾道ミサイル「玄武2」の発射実験を敢行。北韓への対抗措置であることも明らかにした。前政権では考えられなかったことだ。この対応は同盟国を安堵させたに違いない▼韓米首脳会談に話を戻すと、「安全保障」の概念が、従来の軍事面を中心としたものから、より多方面に拡大していることも印象づけた。両首脳が最初に訪問したのが、昨年、約2兆円を投じて米国に半導体工場を新設する方針を発表したサムスンだった▼近年新たなリスクとして浮上したサプライチェーンのマネジメントにおいて、半導体が重要な存在であることは論を待たない。中国がレアアースの輸出を規制し、各国が混乱に陥ったことは記憶に新しい。逆のケースとして、ロシアが欧州諸国から原油の禁輸措置を取られたが、中国やインドが輸入を増やし、制裁の抜け道となった▼米国とともに歩む道を選んだ韓国。結末がどうなるか、少なくとも外交面では失政続きだった文在寅政権とは反対に舵を切ったのは間違いない。

2022-06-01 0面
뉴스스크랩하기
主張セクション一覧へ
【BOOK】『薔薇はいいから議席をく...
<4・15不正選挙裁判>被告・選管委...
反逆勢力との闘争で押される与党
「脱北漁師の強制送還」事件の真相 前...
西欧の自滅、文明史の流れが変わるか
ブログ記事
「分断」を考える
精神論〔1758年〕 第三部 第18章 専制主義の主要な結果
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません