ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-22 05:50:32
Untitled Document
ホーム > 主張
2022年05月10日 11:39
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 尹錫悦氏が韓国の第20代大統領に就任した。日米との関係改善を掲げる尹政権に、とりわけ在日韓国人からの期待も高いのではなかろうか。手腕は未知数。これからの5年がどうなるか、複雑な国際情勢も絡んで見通しは立たない▼不安材料を挙げるとすれば、まずは政治経験の乏しさだろう。また党内基盤も弱い。野党出身の大統領であり、172議席を有する共に民主党とのバランスに苦慮していることは、特に人事面ににじみ出る。だが、いつかは大ナタを振るう時がくる。検事時代に発揮した意志の強さと決断力に期待したい▼国内に目を移してみよう。文在寅政権が破壊した法治の立て直しは急務であるし、コロナ対策と同時に経済回復も急がなければならない。任せるところは信頼できる側近に任せなければ、とても一人では解決できないだろう▼南北問題は、とりわけ難しいかじ取りが迫られる。南北首脳会談を3回行った文在寅政権の5年間、いわゆる「板門店宣言」という合意はあったものの、平和条約の締結といった、夢のような話をしただけである▼金正恩に非核化や対話の意思がないことは明らかである。大韓民国憲法第4条は「大韓民国は統一を志向」すると謳っているが、実効性のある手段を模索し、諸外国と協調して金正恩政権を変えていかねばなるまい▼課題は文字通り山積している。不正選挙を徹底追及し、国会の暴走を止めることは必須となる。それらをなくして、今後の政権運営は難しくなるだろう。

2022-05-11 0面
뉴스스크랩하기
主張セクション一覧へ
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません