ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-04-16 13:15:21
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2022年04月12日 11:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金剛山の韓国資本ホテル解体 事前連絡なく一方的処置

 北韓・金剛山の観光地にある「ホテル海金剛(海上ホテル)」の大部分が解体されたことが判明した。このホテルは韓国の民間企業「現代峨山」が所有している。国際放送アメリカの声(VOA)が分析した衛星写真によると、解体されたホテルの前には建築廃棄物が山積みになっている様子も確認できた。
事態の説明を求めた韓国政府に対し、北韓は一貫して沈黙を貫いている。統一部は今月初旬、北韓の南北共同連絡事務所を通し、ホテル海金剛の解体について説明を求めていた。統一部はまた、同問題について口頭で協議することを提案したが、未だ回答は得られていない。
金剛山の観光施設撤去は、2019年10月に金正恩が指示したことで推進しているものとみられる。金正恩は当時、「見ているだけで気分が悪くなる南の小汚い施設を、南の関係部門の合意を得て撤去せよ」と述べていた。
その後2020年1月、北韓は新型コロナウイルスの感染予防を理由に撤去の日程を延期すると韓国側に通達した。しかし最近、所有権を持つ現代峨山にも韓国政府にも何の連絡や協議もないまま一方的な撤去作業に乗り出した。韓国の政権交代により対南強硬路線を露骨化、北韓の不満を表すデモンストレーションの一環だと考えられる。
一方、南の通信連絡ラインは昨年10月4日の復元以降、正常運転中であると伝えられた。連絡ラインは毎日午前9時に業務を開始し、午後5時に終了する形で稼働している。

 
北韓・金剛山地区の海上ホテル「ホテル海金剛」

2022-04-13 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
「パンデミック条約」反対会見開く
鄭長善・平沢市長に聞く
金永會の万葉集イヤギ 第4回
金永會の万葉集イヤギ 第5回
民団大阪で3機関長選出
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません