ログイン 新規登録
最終更新日: 2024-06-18 12:46:25
Untitled Document
ホーム > 主張 > 社説
2022年04月05日 11:32
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
編集余話

 北韓のミサイル発射実験が、東アジアの安全保障上の脅威として急浮上している。世界の耳目がウクライナ問題に向く中、それを隠れ蓑にするかのように実験を繰り返している。金正恩にとっては、まさに好機である▼専門家らの分析によると、今回の実験で発射されたミサイル「火星17」は、米国東海岸にも到達する能力を持つという。5年前に発射実験が行われた「火星15」は、米国西海岸までを射程に捉えると言われていた。性能の向上は、東アジアだけでなく、環太平洋の安全保障に大きなインパクトを与えるだろう▼金正恩は満足げだ。まるで映画のような演出のニュース映像、「真の防衛力は強力な攻撃能力」といった発言。国内外へのアピールに余念がない▼反撃を受ければひとたまりもない北韓は、ミサイル攻撃には踏み込まないだろうという、楽観論がある。この言説には一理あるが、それは北韓を単独で見た場合に限るといっていい▼今回のロシアによるウクライナ侵攻では、ロシアの正規軍だけでなく、ウクライナの「親露派武装勢力」も戦闘に加わっている。隣国ベラルーシも参戦するかもしれない。米中対立が深まり、武力衝突があるとすれば、北韓は中国の”先兵”にうってつけだ▼尹錫悦次期大統領にとっては、この多国間にまたがる安全保障問題は大きな課題となる。現政権がまったく着手してこなかった懸案であり、その間に同盟国との関係は悪化している。悪材料は尽きないが、早急に最善の手を打つ必要があるといえる。

2022-04-06 0面
뉴스스크랩하기
社説セクション一覧へ
훼손된 「88서울올림픽 재일한국인...
金永會の万葉集イヤギ 第12回
疑惑のインド「単独外交」
東海に膨大な石油・ガス埋蔵
「ソウル五輪在日顕彰碑」が破損
ブログ記事
マイナンバーそのものの廃止を
精神論〔1758年〕 第三部 第28章 北方諸民族の征服について
精神論〔1758年〕 第三部 第27章 上に確立された諸原理と諸事実との関係について
フッサール「デカルト的省察」(1931)
リベラルかネオリベか
自由統一
金正恩氏の権威強化進む
北韓が新たな韓日分断策
趙成允氏へ「木蓮章」伝授式
コラム 北韓の「スパイ天国」という惨状
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません