ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-06-28 12:33:20
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2022年03月29日 12:24
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
帰国事業できた北韓に賠償命じず 「北と総連が虚偽の勧誘」認定

 北朝鮮帰国事業で人権を侵害されたとして、北朝鮮へ渡ったのちに日本へ脱北した5人が北朝鮮政府を相手取り計5億円の損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は23日、北朝鮮の違法性を認めつつも、原告の訴えを退けた。
北朝鮮への帰国事業は、「地上の楽園」という宣伝文句で1959~84年に行われ、在日朝鮮人やその家族ら計約9万3000人が北朝鮮に渡った。日本人妻に対しては3年経てば帰国ができるとの説明だったが、現実は劣悪な環境下に置かれて出国を許されない留置行為による北朝鮮への永住だったという。
訴訟では(1)日本の裁判所に訴えの管轄権があるか(2)北朝鮮政府の不法行為に損害賠償を請求できるかなどが焦点となった。
裁判では、日本国内で北朝鮮が朝鮮総連とともに、虚偽の勧誘行為を行ったことを認めたが、不法行為から20年で賠償請求権が消滅する除斥期間の適用により、請求を棄却。留置行為については、北朝鮮国内で発生しているものとして日本に裁判管轄権がないと判断。原告側の福田健治弁護士は、「敗訴となったが、北朝鮮に対して裁判で争えるということと、事実関係の提出書類を裁判所が認め、審理対象となることが立証された」としたうえで、判決は不当であり、原告全員が控訴を予定していると述べた。
原告の一人である川崎英子さん(79)は、「日本の裁判所には感謝しているが、控訴をしても早く動いてくれないと生きているうちに結果を見られない」と涙ながらに訴え、「人権に対して時効を設けてはいけない」と記者会見で語った。

2022-03-30 4面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
在日社会の壁を越えた先に見えるものとは
【BOOK】『白い船』(ユン・フミョ...
「公文」(監察機関)と「通信」(求め...
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
ソウルを東京に擬える
ブログ記事
存在論の問題(その一)
精神論〔1758年〕 第三部 第17章 専制主義の主要な結果
難しい哲学書を読む(その二)
バーミヤンの破壊
科学の擁護
自由統一
北朝鮮人権映画ファーラム 福島市で開催
福島で北朝鮮人権映画フォーラム
「朝総連は民団と共同行動せよ」 金正...
故意の「天安艦」再調査 全盛根の不可...
南北の人権報告書 米国務省が問題指摘


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません