ログイン 新規登録
最終更新日: 2022-01-26 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2021年12月01日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大韓民国の建国史(259) 経済成長の戦略基地・原動力である産業団地の開発

 ジョンソン大統領は11月2日、国立墓地を訪れ献花、国会を訪問し本会議場で30分間演説した。
「共産主義者たちは、武力手段では成功が不可能であると気づいたときのみ平和を選択することを見てきました。戦いを挑んできた者が戦いをやめるまで、私たちは強力でなければなりません」と韓米同盟を強調し、「有能な韓国政府は、活発な野党と民主的な対話をしながら国家を近代化しており、新しいアジア共同社会を作ることにおいて指導的役割を果たしている」と韓国が成し遂げている成果を評価した。 
ジョンソン大統領は、帰国の挨拶を兼ねて再び青瓦台を訪問、訪韓成果をまとめ、共同声明を発表した。12項の共同声明は「韓国の経済、社会および科学分野の発展のため、米国が引き続き支援すること、在韓米軍を現在の規模以下に減縮せず、韓国に対する武力攻撃がある場合、米国は即時かつ効果的な援助をする」という米国の決意を発表した。
朴正煕大統領は、ジョンソン大統領夫妻と共にヘリコプターで金浦空港まで行き見送った。ジョンソン大統領は、出発の挨拶を通じて「韓国人の温かい歓迎に感謝し、共産主義に立ち向かって自由を守護するため戦っている韓国民のため、米国政府と米国民は永遠に肩を並べて戦います。国民と国土と生活方式を保存するための韓国民の努力に米国はいつでも助け支援します」と話した。 
朴正煕大統領とジョンソン大統領が在任した期間は、韓米関係が最良の時期だった。韓国がSEATOに代わって米国の最重要同盟国であることが確認された。米国は韓国を全面的に支援した。韓国科学技術研究所(KIST、1966年2月設立)をはじめ、肥料工場、原子力発電所、全州公団、九老輸出公団、京釜高速道路など韓国の経済基盤の多くがジョンソン大統領の在任中に始まったか完成したものだ。
朴正煕大統領は、野党や野党によって政治的に扇動された大学生などの挑戦に立ち向かいながら、精力的に経済開発事業に邁進した。野党など反対勢力の挑戦は朴正煕大統領の意志をさらに刺激した。66年6月8日、八堂ダムの起工式があった。7月29日、第2次経済開発5カ年(67~71年)計画が発表された。経済開発は当然、資源やエネルギー源の開発などを含む国土開発計画と一緒に総合的に推進された。産業団地の開発は、経済開発を集中的かつ効率的に推進するための開発戦略の当然の帰結だった。
産業団地の開発は5・16革命後に本格的に始まった。政府は62年1月20日、法律第982号で「工業地区造成のための土地収用特例法」を制定、産業団地開発を迅速に推進できる基礎を作った。同法は、対象の工業地区を閣令で定めるよう規定した。政府は62年1月27日、閣令第403号で「特定工業地区決定の件」を通じて蔚山工業地区を指定した。韓国初の産業団地の誕生だった。 
政府は同年1月20日、植民地時代に作られた「朝鮮市街地計画令」を代替する「都市計画法」を公布した。この法律は都市計画の範囲に「一団の工業用地造成事業」を含み、都市計画事業の推進方式として区画整理事業を明示した。60年代に造成された産業団地の大半が都市計画法による工業用地の造成事業として推進されたのはこの法に基づいたものだ。蔚山工業地区は韓国初の産業団地で、重化学工業の立地のために開発されたが、60年代に建設された産業団地はほとんど軽工業に中心を置いたものだった。
(つづく)

2021-12-01 3面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
【投稿】常識の通じない困った人たち
朴槿恵大統領 赦免・釈放
各地で地方協議会開催
3代世襲・金正恩政権の10年
世界に広がるハングルブーム TOPI...
ブログ記事
黒柳徹子
難しい哲学書を読む(その一)フィヒテ「全知識学の基礎」(1794)
精神論〔1758年〕 第三部 第16章 若干の民族の徳への無関心はどんな原因に帰すべきか
認識論とイデオロギー論
文句は直接言え
自由統一
レッドラインを越える北韓
ポスト金正恩 平壌の権力闘争
金正恩体制、突然の崩壊も
3代世襲・金正恩政権の10年
金正恩体制最後の堡塁


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません