ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-09-24 17:48:38
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2021年04月21日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金正恩、2億円を朝総連へ送金
総連本部前では抗議活動も

抗議文を朝総連本部に投函する佐藤悟志代表
 朝鮮中央通信は14日、金正恩が太陽節(金日成の誕生日、4月15日)に際し、在日子女の民族教育のために教育援助費と奨学金2億1906万円を朝総連(朝鮮労働党在日支部)に送ったと報じた。金正恩が9日、党第6回細胞書記大会で、300万人が餓死した1990年代よりも「さらに困難な『苦難の行軍』を決心した」と述べてから、一週間も経たずに発表されたことだった。
また、これと関連して朝鮮新報は14日、この「教育援助」が、金日成時代からこれまで167回にわたって行われ、総額488億7939万390円に及ぶことを喧伝した。
日本が対南工作の拠点として利用されてきたのは、公安の捜査や多くの証言・研究が明らかにしたことだ。
日本社会内外に向けた宣伝・洗脳工作活動には、朝総連の傘下団体のほか、朝鮮学校・朝鮮大学校なども動員されてきた。特に全寮制で、生徒数も公開しない朝鮮大学校は、広く言われる「教育」の場ではない。北の首領のため、朝総連の幹部を養成する機関だ。
国民を数百万単位で餓死させる金一族が、何の見返りもなく在日朝鮮人の学生に巨額を投資するだろうか。この莫大な”教育支援費”が、日本でのあらゆる工作活動を支えてきた。
日本では15日、自由開放社会を蚕食する朝総連に対し、「朝鮮総連本部をさら地にする会」(さら地会)が抗議活動を行った。
恒例となったさら地会の月例活動は、今回で70回目を迎えた。佐藤悟志代表らは、東京・市ヶ谷駅前で街頭宣伝を行ったのち、法政大学の向かいにある朝総連本部前に場所を移して、再度街宣を行った。終わりに、「北の拉致犯罪を隠蔽するな」「総連本部の居座りを許さない」と書かれた文書を本部に投函した。

2021-04-21 4面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
大法官が証拠物の投票紙を偽造
ソウルを東京に擬える 第4回 ターミ...
「文政権の3つのアキレス腱」
直選中央委員が観察に「諫言」
民団「正常化委」15日に解散声明発表
ブログ記事
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
「東洋哲学」の問題
「ニュー・ノーマル」はノーマルなのか?
自由統一
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失
北の対韓サイバー攻撃、1日150万回


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません