ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-04-21 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2021年04月07日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓国スローフード探訪49 薬食同源は風土とともに
シンプルで贅沢な江陵のカムジャオンシミ

 桜が開花し、街路樹もいつの間にか若葉が増えてきた。数年前の今ごろの時期に江原道の江陵を訪れた。オリンピック開催後とあって、ソウルからのアクセスも便利になっていた。仕事を離れ、ソウルの友人と一緒に日帰りの旅。江陵には何度か足を運んでいたが、気ままな旅は意外となかった。
列車に乗り込むと友人が「昔から江陵にあるオンシミって知っている? 食べ物だけど」と言い、「昔から知られているの?」と聞くと「そう昔から。知らない?」「うん。知らない」
ということで、その日のランチはオンシミを食べることにした。車中で友人からカムジャオンシミについて教えてもらった。
カムジャオンシミとは「じゃがいもで作る団子」のこと。
江原道地方は山岳地帯がほとんどで稲作に向かないため、昔から畑作や酪農が盛んな地域として知られている。冷涼な気候で育つジャガイモや玉ネギ、キャベツ、ソバ、豆などはどれも特産品として名高い。
口当たりのよいジャガイモで作るオンシミ
そのジャガイモをすりおろして濾すと、容器に水分がたまる。暫くすると容器の底に澱粉が残る。容器の上澄みを捨て、底に残った澱粉と濾したジャガイモを混ぜて団子を作り、それを汁物に入れて食べるというもの(すいとんに似ている)。その昔、芋をコメの代用食とした時代に考えられ、どこの家でも食べていたという。
健康志向の高い韓国で、2000年代初めごろから「ウェルビーイング」が盛んにいわれるようになり、精神的にも肉体的にも良好な生き方を目指す人々が増えた。
この現象はスローフードとも密接になり、産地がわかるもの、国産であること、農薬の有無など、食の在り方とも関係するようになった。そんな中、昔からの食べ物とされていた郷土食が見直され、「地産地消」「体によいもの」ということでオンシミも広く知られるようになった。
久々の江陵。友人から「お腹空いたね。まずはランチを」とオンシミ通りに向かった。「この通り一番古いという店があるから」と友人の弾んだ声。ソウル育ちの彼女も食べたことはなく、テレビ番組で紹介されていたから絶対に行きたいと何だか元気。店はすぐにわかった。
ランチ時は避けていたのだが、店内はほぼ満席に近く「これは無理かな」と思っていると、4人で訪れていた男性グループが「どうぞ、どうぞ。私たちは済みましたから」と立ちあがった。何度もお礼を言うと「日本からですか。食べて行ってください」と。その会話に店の人が笑顔で「お客さんがみんないい人で」こういうことが嬉しい。午後1時を少し過ぎたからなのか、店内はアッという間に静かになった。
名物のカムジャオンシミ入りのカルククスが運ばれてきた。まずはスープを一口。「おっ、ジャガイモの香り」。続いて団子を食べてみた。「まるごとジャガイモ!」優しい味が身体のすみずみまで行きわたっていく。ツルっとした口当たりの良さ。天然素材そのものをいただく贅沢さ。手間ひまをかけたシンプルな料理は、身体のバランスを整えてくれるようにさえ感じた。
ゆっくりと育ったジャガイモの美味しさを存分に味わいながら、真の贅沢をかみしめた。心も身体もゆっくりと落ち着いていく。食は、心も身体も素直にしていくのだろう。

新見寿美江 編集者。著書に『韓国陶磁器めぐり』『韓国食めぐり』(JTB刊)などがある。

2021-04-07 5面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
「本質をすり替えるな!」
民団中央 新三機関長が選出
【寄稿】「開票=民意反映」論のウソと扇動
NHKの偏向浮き彫りに 「留学同」の...
【寄稿】臨時中央大会開催を求める趣旨...
ブログ記事
存在論の問題(その一)
俺はこういう人間だ(その二)
ひみつきち
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
自由統一
金正恩、2億円を朝総連へ送金
日朝間の首脳会談は可能か
自力更生を口実に「苦難の行軍」を選択...
韓国法院が金正恩に賠償命令
チャンマダン閉鎖を命令


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません