ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-09-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2020年09月16日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
大韓民国の建国史(208)民政への移譲を前に守旧勢力の抵抗と妥協

 3月16日の午後、朴正煕議長は国家再建最高会議の本会議場の100人を超える記者の前で、4年間の軍政延長の可否を国民投票に付するという声明を読んだ。朴正煕は質問を受けず退場した。最高会議はすぐ緊急事態収拾のための緊急措置法を通過させ、言論検閲と政治活動の禁止を宣言した。事実上の戒厳令宣布だった。
米国国家安全保障会議は3月17日、ケネディ大統領に韓国事態に対する要約報告書を提出した。韓国の一連の事態は、朴正煕が作ったもので、彼がクーデター陰謀を操作して民政参加路線に復帰しているか、あるいは金鍾泌支持勢力によって朴議長が利用されているかのどちらだと分析した。
実際、朴正煕は3月7日、原州の1軍司令部での警告演説、11日のクーデター陰謀摘発発表、軍人示威(15日)、16日の軍政延長国民投票の提案という連続的な措置を通して、反対勢力が混乱中に状況の主導権を取り戻したのだ。
3月19日の午後、最高会議の状況室では、軍政延長提議について、民間の指導者5人(尹潽善前大統領、張沢相前首相、金度演初代財務長官、金俊淵前法務長官、李範奭招待首相)との議論が行われた。最高会議には、洪鍾哲(文教社会委員長)、金煕徳(外務国防委員長)、柳陽洙(財経委員長)などが参加し、約2時間激論が交わされたが、結論が出なかった。
朴正熙は「国民の指弾を受ける一部の政治家が、進んで政界進出を断念すれば私は決心を変える用意がある。政治家に協議時間を与えるため、3月末まで軍政延長案の国民投票の実施を保留する」と譲歩した。最高会議内の親金鍾泌勢力は「譲歩しすぎた」と反発した。朴正煕はこのような抗議がありがたかった。彼は穏健派と強硬派を対峙させ両側を調整するふりをしながら自分の道を進んだ。彼は軍人から政治家へと変わっていた。
野党指導者の許政(前過渡政府首班)は3月20日、記者らに「軍政延長は軍の全体の意思ではないと理解している」と述べたことが報道されるや、最高会議が反発、軍の団結を誇示することにした。全軍指揮官会議が3月22日の午前、国防部で開かれた。
金聖恩国防長官と約160人の指揮官たちは、朴正煕議長の軍政延長案を支持する決議文を採択した。その時間、ソウル市内では、尹潽善前大統領、金炳魯前大法院長、朴順天、卞榮泰など在野重鎮と400人ほどの政治家たちが結婚式を偽装して「民主救国戦線」結成大会を開いた。
3月30日から3日間、青瓦台で朴正熙、尹潽善、許政の3人が軍政延長案について談判、「朝野実務者会議」を開くことにした。姜起千など最高会議側実務会議の代表らと曺在千(民主党政権法務長官)など在野代表が4日間の折衷の後、「軍政延長案を国民投票に付すると言った宣言を朴議長が撤回すれば軍政を12月31日まで延長することに同意する」案に達した。鄭求瑛共和党総裁と在野の尹〓善、許政が水面下で働いた。
朴正煕議長は最高会議の穏健派とこの折衷案を検討、最高会議に政策小委員会を構成、共和党とは別途に、民間政治家たちも参加させる軍民合同の汎国民政党組織を推進するようにした。柳陽洙が委員長を務め吉在號、洪鍾哲、朴泰俊、柳炳賢などが委員だった。
ところが、鄭求瑛共和党総裁が反対した。彼は国民投票で軍政延長案が支持されないと主張し、共和党が軍政延長案を支持する声明を出してほしいという最高会議側の要請も断った。朴正熙は金鍾泌が作った共和党に距離感を感じた。
(つづく)

2020-09-16 3面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
ウイグル人強制労働の闇
文在寅全体主義集団は、21世紀の紅衛兵
文政権のレームダック化 顕著に
金大中・三男の目に余る「積弊」
平壌を動かしているのは誰か
ブログ記事
「トロッコ問題」問題
道徳と相対主義(哲学の現在6)
4.15総選挙の不正疑惑を徹底調査せよ!
中国の脅威
「俺はこういう人間だ」
自由統一
著作権料の名目で北に送金
平壌を動かしているのは誰か
平壌の異変、権力構造に重大な変化
対北ビラ弾圧は利敵行為
南北関係を原点に戻す北の対米「正面突...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません