ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-29 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2019年12月04日 16:14
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
海を渡った先人達<29> 先人6人目 允恭天皇④

 藤原不比等が主導して編纂されたと考えられる『日本紀』(改編され現在の『日本書紀』に至る)に、人質だった未斯欣という金氏の王子を天皇として表し、412~453年の41年間もの在位という「雄朝津間稚子宿禰天皇紀」があったとしたら、編纂を主導した藤原不比等は、新羅金氏の子孫である可能性が非常に高いと思います。
当時、伽耶・百済・高句麗を滅亡させた新羅は、日本国内ではたいへん嫌われていたようです。そのため、天皇の名に「宿禰」という伽耶系の姓を付けて、彼らの反発を避けようとしたのかもしれません。
未斯欣は、新羅に418年に帰って15年を過ごした後、433年に死去しました。その後、官職一位の「舒弗邯」を追贈されたということです。

先人7人目 雄略天皇①

 雄略天皇は、泊瀬の朝倉で456年に即位し、479年に崩御したとされています。朝倉の場所は、初瀬川とも呼ばれる大和川が流れる、奈良県桜井市の大和朝倉駅南側の台地あたりと思われます。
北東方向に初瀬山や長谷寺があるこの一帯は、すでに【履中天皇】のところで述べましたが、百済の王子・阿直岐=腆支が居住し、百済系の人々が勢力を張っていた場所です。そのため、このあたりは、百済・泊瀬・初瀬・長谷などと称されています。ちなみに、百済の韓国語の発音はペクチェですが、現在クダラと言っているのは、百済に振られた仮名が発端と思われます。
雄略天皇の名は「大泊瀬幼武」と言います。漢字を直訳すると、<大いなる百済の、未熟で腕力の強い者>という意味ですが、「幼」を、韓国語の「ワカ(来て行く)」という意味に捉えると、<大いなる百済の、来て行った、腕力の強い者>となります。このことから、雄略天皇は、百済国の人と推定されます。その百済では、雄略天皇の即位前年に、蓋鹵王(在位455~475)が即位していますが、二人の即位年や在位年がほぼ一致していることから、何らかの関連がありそうです。また、雄略天皇は、允恭天皇の第5子とされていますが、允恭天皇は、新羅金氏の王子・未斯欣であると考証済みなので、百済系の雄略天皇が未斯欣の子である可能性は、非常に低いと考えられます。雄略天皇の人柄について書かれていると思われる記述が、安康天皇(在位453~456年)の即位年にあります。
『大泊瀬皇子が、反正天皇の娘たちを我がものにしようとした時、娘たちは、<あの方は、日頃から乱暴で恐いお方です。ご機嫌が悪くなると、朝にお目にかかった者でも、夕方にはもう殺され、夕にお目にかかった者でも、翌朝には殺されます。私たちは容色が美しくなく、また、気も利かぬ者です。振る舞いや言葉が王の心に適わなかったならば、どうして可愛がって頂けましょうか。このようなわけですから、仰せ事を賜ることはできないのです>と言って、身を隠してしまった』
この話は、雄略天皇が即位する前の出来事ですが、反正天皇(在位406~410年)の娘たちとあることから、425~430年頃と推測されます。また、大泊瀬皇子は、この時すでに「王」と呼ばれていたことがわかります。

2019-12-04 6面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません