ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2019年05月29日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
新生 韓国と日本 11 葛藤の根本的原因(3)
日本を見直し、韓国を再考する

崔在羽

 大気都比売という神女が死ぬと、その五穴(口、鼻、尻など)から五穀と蚕が出て農作が始まったと記紀に書かれていますが、この五穀と韓国人が毎年陰暦の1月15日に食べる五穀が同じなのです。韓国からの神女が渡来して農業を教えたことを物語っているといえます。
新羅は天照大神にとって帰りたい故郷でもありながら、いっそのこと征服してしまいたい他国でもあるのです。これが「こじれ(葛藤)」の根です。
神功皇后による新羅征伐がその最初の現れです。その征伐が神託であったことも不思議ですが、その神託に天照大神の指示があるのも不思議です。
神功皇后は、新羅の王子・天日槍の7代後孫だと古事記に書かれています。天日槍が渡日したいきさつは古事記、日本書紀ともに書かれています。
新羅の国に阿具奴摩という沼があり、その沼のほとりである女が寝ていましたが、陰部に虹がかかって妊娠し、赤い球を生みます。これを見た男が、その球をもらって保管していました。ある日この男が牛を引いていく途中で、王子である天日槍に出会います。天日槍から牛泥棒と疑われた男は、赤い球を差し出して放免されました。
さて、天日槍がその球を床に置いて寝ていると、その球から美しい女が生まれて、天日槍の妻になりました。妻は山海珍味の料理を作って天日槍に仕えましたが、天日槍は妻をいじめていたのです。
ある日、妻が「私はあなたに料理なんかを捧げる卑しい女じゃないから、故郷に帰ります」と言って、船で日本の難波(今の大阪)に行ってしまいました。天日槍は追いかけましたが、海神が邪魔をして難波に上陸できませんでした。仕方なく反対側の但馬に上陸して地元の女と結婚します。
神功皇后はその7代目の孫なのです。本当に解釈が難しい神話ですが、そもそも新羅の王子の後孫が新羅を征服したというのだから、「葛藤」そのものでしょう。
倭による391年の新羅攻撃は実際にあったことですが、このころは神代が終わって国造りがようやく完成したあたりです。それでも新羅征伐ができたのは、渡来人で新羅をよく知っていたからです。この攻撃があまりにも強かったので、高句麗の広開土大王が助けに来たほどです。これは神話でなく、広開土大王の功績を書いた碑文にも書かれている事実です。
また、足が3本の八咫烏が伊波礼批古命の道案内をしたという話が記紀に書かれていますが、「足が3本の烏」は古朝鮮族が尊敬したトーテムでした。その烏が日本に来て道案内をしたのですから、伊波礼批古命は朝鮮族だと考えられます。
天皇家が半島人だという見方は以前からありました。在日韓国人・金一勉氏は天皇家の始祖の故郷が半島の伽耶があった地域である咸安だと主張する本を書きました。それが事実かどうか分かりかねますが、天皇家に韓国人の血が入っていることだけは否定できません。ただし、隣国の王の話ですから考証には慎重さが必要です。
天皇家は万世一系ということになっています。古代から今日に至るまで家系が断絶されたことがなく、いかなる乱世にも天皇家を廃する動きはありませんでした。第2次世界大戦後、一部の人が主張しましたが、ごくわずかでした。

2019-05-29 4面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません