ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-22 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2019年04月17日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩

 金正恩が最高人民会議での施政演説(12日)を通じて非核化を拒否、米国と対決を宣言した。金正恩は、「自分は一度も北韓が核放棄をすると言ったことがない」とまで言い放った。文在寅を「詐欺師」にした。そして、文が自分の側に立つよう要求した。
金正恩が「施政演説」を通じて、米・韓に向けたメッセージの要点は以下のとおりだ。
北は決して核を放棄しない。したがって、米国の完全な非核化要求に決して屈服しない。北韓はハノイ会談で提示した「寧辺の核施設の廃棄と制裁緩和」を交換する立場を変えない。米国が決断を下せ。南朝鮮当局は「出しゃばりの仲介者」や「促進役」をやめ、民族の一員として、民族の利益を擁護する当事者となれ。したがって文在寅は今、米国か北かを明らかにせよ。これ以上、対北制裁の緩和に執着しない。3回の米朝首脳会談もトランプの考えが変わらねば、会うつもりはない。米国が年末まで変わらねば、北は自分の道を行く。一戦辞さずの覚悟ができている。
もちろん、トランプ大統領は「非核化」の対象と範囲と時期を明示したビッグディールの要求を撤回する考えは全くない。金正恩はトランプの計算方式には絶対屈服しないと言ったから、衝突しかない。期限は今年だ。このすべてをもたらしたのは「南側の大統領」文在寅だ。今、米国と北が同時に文在寅に「あなたのアイデンティティを明らかにせよ」と要求している。トランプか金正恩かの選択を攻めている。
金正恩は、米国にはったりをかましたが、すでにトランプ大統領の罠にはまった。脱北者たちは北の地方ではすでに餓死者が発生していると伝えている。そして、心理的な不安のため買いだめが始まったという。
金正恩が国家元首として登場したのは当然だ。父の金正日と違って彼は自ら乗り出すのを好む。だが、直接乗り出した以上、すべての責任は彼にくる。

2019-04-17 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません