ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-02-14 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2018年10月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
★新連載 韓国スローフード探訪1 薬食同源は風土とともに
環境に優しい塩造りの島「曾島」
新見工房代表 新見 寿美江


韓国の晩秋を告げる風物詩キムジャン。越冬に備え、春までに食べる白菜キムチを一家総出で作る光景は、今も各地で目にする。かつては、キムジャンボーナスもあったという。キムチ作りを陣頭指揮するのは、お母さん。味の決め手となるのは「塩」。塩は新安に限ると言われている。新安は韓国の南、全羅南道の西海岸に広がる大小の島々からなる郡。潮の満ち引きで広大な干潟ができる地域として知られている。
20年ほど前、光州市の市場で「新安の塩はどれも最高。中でも曾島の塩を使うとキムチの味が深くなるから、塩は曾島に限る」と言われ、曾島を訪ねた。この島の周辺はミネラル分が豊富な清浄海域とも聞いた。当時は、橋もなく車を運ぶフェリーに乗って島へ渡った。その後2007年に、イタリアに本部のある「スローシティ(CITTASLOW)」に認定され、しばらくして橋が架けられると瞬く間に島は観光地となった。その後も何度か足を運び、秋の訪れとともに4度目の旅をした。

塩の花が咲く結晶池。夕日を浴びながら、テパで塩の結晶を集める様子


夕焼けの中に、見慣れた塩田が広がっていた。この島で塩造りが始まったのは1953年のこと。ミネラル分を豊富に含む塩田は、曾島と隣り合うテチョン島の間にあった462万平方メートルの干潟を埋めて造られた。現在、単一塩田の生産量は国内最大とされ、造り方は創業当時と変わらない。塩造りの工程をひとことで言えば、自然と人だ。最初に干潟の近くに設けた貯水池(真四角の塩田)に海水を引き込み、蒸発池で蒸発と浄化を繰り返しながら17段階に分けた蒸発池を25日前後の日数をかけて順番に移動させ、徐々に塩分2%の海水から蒸発を繰り返し、最後の結晶池で22~25%の塩分濃度となる。それをテパと呼ばれる道具でかき集め、塩田の傍にある木造の塩の倉庫で1~5年ほど寝かせ、水分がなくなるのを待ち「塩」となる。貯蔵池や蒸発池から塩の花(結晶)を集め、倉庫に寝かせ「塩」として出荷されるまで最低でも1年以上はかかる。まさに、自然とともに造り出している。
何度見ても、塩田でテパを使って塩を集める作業の様子に惹かれる。最初に訪れた時、太平塩田の方から「塩田の作業は日中の気温の高い時間帯にはできない」「テパで集めた塩を運ぶのが重労働」と言われ、涼しい時間帯の作業というのは理解できたが、重労働というのはピンとこなかった。「やってみますか」と言われ、かき集めた塩を一輪車で倉庫へ運んでみた。「たいしたことない」と思っていた自分が情けない。水分を含んでいる塩は見た目より何十倍も重く、一輪車はビクともしない。力任せで押してもグラグラしてよろけてしまう。力だけでなく、バランス感覚も必要なのだ。
曾島で造られる塩は国内の70%を占め、人気の秘密はミネラル分の豊富さと言われている。1カ所の蒸発池で、海水から塩の結晶ができるまで長い時間を置く方法で作るよりも、貯水池から17段階の蒸発池を移動させることでミネラル分が多く含まれていく。塩田の人に「曾島で作られる塩には、しょっぱいと感じる塩化ナトリウムが低く、ミネラル分が高いんです。これは干潟の力です」と教わった。塩田の周辺には、干潟に生息する生物が見学できる遊歩道がある。ムツゴロウが顔を出し、塩生植物のアッケシソウが広がる風景からは、健康な干潟の様子が伝わってくる。健康な干潟であればこそミネラル分も豊富で「旨み」が生まれてくるはずである。スローフードの原点がここには息づいている。
新見寿美江 1987年新見工房設立。『るるぶ韓国』などを手掛ける。著書に『韓国陶磁器めぐり』『韓国食めぐり』(JTB刊)などがある。

2018-10-03 5面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
文政権の「脱原発」は、韓国の核能力抹...
韓米同盟の廃棄か 文政権の打倒か
四面楚歌の文在寅青瓦台
ひんしゅく買う与党議員らによる「積弊」問題
次期大統領候補が相次いで拘束
ブログ記事
救国の国民抵抗に在日同抱も参与せよ!
韓国の太極旗部隊のソウル都心進軍(「韓米同盟守護」、「文在寅を断頭台へ」などを叫ぶ光景)
セヌリ党が都泰佑代表体制に
反日種族主義を打破しよう
『韓国壊乱』のあとがき
自由統一
北韓 金英哲訪米 韓米間に大きな溝
国連で北韓人権決議案採択 
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません