ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-12-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2018年05月30日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
朝総連衰亡史(82)他人を欺くのは犯罪で、自らを欺くのは自殺だ

 米朝間で合意した史上初の米朝首脳会談(6月12日、シンガポール)を巡って、ここ1週間も状況が二転三転しながらまったく先が見えない状況が続いている。だが、いま誰よりも深刻なストレスを受けているのは、金正恩自身であるはずだ。
問題が深刻なのは、この不安と不確実性をもたらしたのが体制の維持・安定のためすべての資源を投入して完成した核兵器体系のためだということだ。体制を守ってくれると信じた核兵器が体制を決定的に脅かす要因になったのは皮肉だ。金正恩が自慢してきた核武装が、金氏王朝の運命に致命的な材料となった。米本土を攻撃できるようになったと誇ったために、米国が北韓の核能力を除去するため、あらゆる物理的な圧迫を動員しているからだ。
しかも、金正恩には今、この恐ろしい難題を解いてくれる側近がほとんどないのが問題だ。金正恩体制の運命を左右する重大な問題であるほど、下手をすると問題の解決に乗り出した者が処刑されるため、側近であっても消極的になる。
何れにせよ、韓半島は分断73年で、停戦体制の変更に向けて巨大な渦の中に陥りつつある。もはやどういう方向に決着しても、韓半島の現状変更は避けられなくなった。
金正恩は、中国も回避する世界最強国の米国を相手にした戦いを始めた。歴史を変える巨大な戦い、あるいは変革期には冷静な状況判断と賢明な選択が国家とその国民の運命を決定する。
このような激動期の中で、朝総連の全体大会が開かれた。朝総連は偉大な金正恩の時代を開こうという目標を立てたが、客観的に見て、金正恩時代は本当に持続することができるのか甚だしく疑問だ。
まず、朝総連は今どこに向かっているのか。あまりにも強力な催眠と洗脳によってほとんどの朝総連同胞は方向感覚と判断力を喪失している。何より、朝総連が首領の方針を奉じれば発展すると勘違いしていれば、次のような現実を直視せねばならない。最も簡単な例を見てみよう。
朝総連同胞がなぜ毎年5%ほど組織から去るのかだ。第23回全体大会があった2014年の年末基準で朝鮮籍の同胞は、日本当局の統計によると、3万5753人だった。ところが、わずか2年半後の2017年の6月現在、朝総連同胞数は3万1674人だ。わずか2年半の間4000人以上が減少した。過去5年間、朝鮮籍は25%程度減少した。
日本国内の外国人在留統計を見ると、在日コリアンだけが急速に減っている。国籍別に見ても、日本定住外国人がすべて増加しているのに、コリアンだけが大きく減少している。ここ10年間で約10万人が減少した。外国人全体でコリアンが占める割合も急激に減っている。朝総連が結成された1955年には全体の外国人の中コリアンが90%を以上だったのに、1994年に50%を割った後、昨年度は全体の外国人の19・6%に過ぎない。
朝総連は首領と党の指導に従って在日同胞たちの未来を開いているというが、その実像は正反対だ。朝総連が民族事業を強調すればするほど、減少の幅は増える。在日外国人の国籍別統計を見ると、朝鮮籍の減少が特に顕著だ。日本当局が40年以上も公開しなかった統計を再び公開した2012年からの統計を見ても、はっきりしている。
文在寅と金正恩の統一閣での接触が大々的に報道された。それこそ精神疾患だ。考えて見よう。歴史的と自慢した板門店宣言(4月27日)後のわずか20日で、南北対話(高位級接触)を拒否(5月16日)し、その9日目には再び接触を要請(5月25日)する。今日、学習し宣伝した内容が、果たして何日間持つのかと予測できない。虚しい。
平壌はトランプを非難しては尻尾を巻いてまた会おうとする。ところで、シンガポールへは果たして行けるのだろうか。米国の要求に応じて核兵器とミサイルを米国に引き渡すのか。首領は、今まで世界を騙してきたから、これからも騙せるという自信があるのか。
労働党の日本支部である朝総連は韓国と日本、米国などの先進社会は批判しても、北韓はもちろん、共産圏は一度も批判したことがない。ところが、そこまで完全な体制がどうして人民を食わせないのか。
朝総連は、ジョビョンソクゲする方針から、祖国(平壤)からのウソに無条件盲従してきた。嘘がどれほど大きな罪かを自覚しない。真実を伝えず、人を欺くのは犯罪だ。が、自らを欺くのは自殺だ。
(つづく)

2018-05-30 5面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
韓国観光公社 KOREA MICE ...
司法を政治に従属させるクーデター
南北政権打倒に向け韓日有志が連帯
金正恩の韓国に対する最終攻勢本格化
「積弊」とされた元機務司令官が抗議自殺
ブログ記事
『韓国壊乱』のあとがき
「国連軍司令部」強化動向
ソウルでの反文在寅・金正恩の太極旗集会に「日韓自由文化連合」が参加(11月3日、リバティ・コリア・ポスト)
米国の中間選挙後、韓半島に何が起きるか
文在寅主思派政権はなぜ「(2019年の)建国100周年」を主張するのか
自由統一
金正恩の年内訪韓困難
北、非核化どころか戦争準備
「板門店宣言」英文版を変更
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません