ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-04 16:14:24
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2018年05月03日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
金正恩体制でのCVIDは不可能
自分の体制を崩す矛盾に直面

 文在寅は、金正恩に非核化を攻めるどころか、「韓半島の非核化」という表現を受け入れることで、事実上、北側の核武装を認めた。
金正恩は「板門店宣言」で文在寅政権を人質にし、米国の追及を交わす時間を少し稼いだ。だが、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」(CVID)を要求する米国に対して答えを出さねばならない金正恩はいま進退両難の状況だ。
金正恩は米朝首脳会談を拒めば、米国に軍事行動の名分を与え、トランプ大統領との会談で米国側を騙そうとしても米国に軍事行動の名分を与える。
もちろん、金正恩は時間稼ぎでこの難局から脱出を図る可能性が多い。金正恩は、豊渓里の核実験場を閉鎖すると発表した。だが、金正恩が核放棄を表明してもその過程を検証し管理するのは極めて困難だ。
現に北の核とミサイル関連施設を全部把握し監視、検証するのはほぼ不可能だ。完全な非核化のためには、北の内部の協力者が前提だ。そして仮に、核物質と武器をすべて廃棄あるいは海外に搬出したとしても、核を再び生産できないようにするためには、施設を永久解体し、核技術者まで追跡・管理せねばならないからだ。
つまり、北の最高権力者が非核化を決心し実行せねばならない。しかし、金正恩が本当に完全な非核化をすれば彼の絶対独裁体制は崩れる。われわれは金正恩が自分の体制を崩すため完全な非核化をするという矛盾に直面している。

2018-05-03 1面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
18年にフッ化水素輸入が急増
国民への対決を宣言した文政権
文在寅政権の「公捜處法」と韓日GSOMIA
風向きが変わった革命的な国民抵抗
民団、「北送」は「帰国事業」か
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません