ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-02-19 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年11月22日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
韓昌祐経営論 マルハンの企業倫理(2)
学歴よりも情熱 モットーは信用・努力・奉仕

ソウル・李民晧

 義兄のパチンコ店の仕事を手伝いながら、縁を結んだ峰山は韓昌祐ビジネスの原点であった。ここで、パチンコ店やクラシック音楽の喫茶店経営を始め、それが今日のマルハンの礎となった。
韓昌祐経営も60年の歳月が流れ、その間に大企業へと成長した。日本では、パチンコチェーンのマルハンを中心にゴルフ事業なども行っている。東南アジアでは金融業に進出して、カンボジア、ラオスやミャンマーなどでし烈な競争を繰り広げている。今後も、東南アジアでの金融事業拡大を計画している。
総従業員数は2万2000人で、家族まで含めると約6万人に達する巨大ファミリーだ。主力企業のマルハンは320店舗で1万3000人が働いており、全盛期の売上げは年間2兆2000億円に達した。
「常に6万人の大家族のことを考えています。事業は、私個人のためだけではなく、家族を幸せにすることが大切です」
マルハンでは、東京大学や京都大学、早稲田大学や慶応大学など、日本を代表する名門大学出身の社員が働いている。しかし、同氏の採用原則は学歴ではなく、徹底的に実力が優先される。
「米国GEのジャック・ウェルチ会長は、自身の学歴にコンプレックスがあり、一流大学出身者のみを採用していましたが、売上げはいっこうに上がりませんでした。後に、方針を変えて情熱のある学生を選ぶようになると、会社は成長していきました。マルハンもひたすら実力です。いくら一流大学出身者でも、仕事に対する情熱がなければ決して採用はしません」
現在、マルハンの役員は11人、そのうち高卒の幹部が2人だ。同氏は、高卒の役員は何といっても情熱がすごいと評価する。
話は、京都にある日本電産経営者の永守重信氏に転じる。
「永守氏は社員採用時、応募者を集めて弁当を配り、早く食べ終わる順に採用しました。永守氏本人の食事時間も短く、1年365日、朝ごはんは3分、昼食は5分、夜は20分です。残りの時間は全て仕事にあてます。元日以外は休みなしのワーカホリック。トップ志向なので、飛行機の座席も1番にこだわる。何をやっても1等でなければならない、学歴は関係ない、情熱あふれる姿勢で会社を育てています」
永守氏には良きライバルがいる。京都に本社のある京セラだ。京セラの社屋が20階であれば、自分は21階のビルを建てる。今も京セラを越えるために奮闘している。わずか3坪の田舎の倉庫からスタートした日本電産を、日本を代表する企業に成長させた原動力だ。
韓昌祐氏は社員に対して、持つべきものとして三つを挙げている。それは、良きライバル、目的と目標、真の友人の三つだ。
それでは、韓昌祐経営のモットーは何だろうか?
同氏は経営者になって以来、60年間「信用、努力、奉仕」をモットーにしている。ほかの人より、2倍の努力をする、信用も2倍積んで、奉仕も2倍という目標を設定した。その意識がないと、決してビジネスの世界で成功できないというのが同氏の信念だ。また、商売の基本には四つの柱があると強調している。
「ビジネスマンは、ハングリー精神とチャレンジ精神を忘れてはいけません。その次に、危機感と緊張感を維持しなければなりません。企業は、あっという間につぶれるもろいものです。この四つは、私の生涯の基本姿勢です」

2017-11-22 3面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
黄教安が招いた混乱、歴史的責任
金正恩は体制崩壊を止められるか
新型肺炎が全体主義体制を痛打
金融危機の懸念増大
大法院判決 徴用工で初の韓日共同抗議
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第13章 自尊心について
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
自由統一
金正恩は体制崩壊を止められるか
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません