ログイン 新規登録
最終更新日: 2018-08-15 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年10月25日 00:00
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
日本人と韓国人―私の道のりと生き方―(4)日本が備えるべきリスク
大事なのは文在寅政権の根本の把握

尹仁鉉

 私がキリスト教を信仰していることは前にも書いた。キリスト教徒になったのは35歳の時、韓国で結婚式を挙げた際、聖書の神・父との出会いがきっかけになった。


私が日本についてすばらしいと思うものの一つが、お祈りをする場所が、いたるところにあるという点である。日本には無宗教の人が多く、神といってもピンとこない人が多いかもしれない。しかし、先祖の霊に祈らない人などいまい。他人のための祈りは、聖書の神を信ずる信徒たちの愛と希望であり、義務であり、祈りを叶えて頂くのは、人間の欲望によるものではなく、神の公正な措置である。


私の信仰が大切なように、隣人の信仰ももちろん大切である。なぜならば、お互い祈りあえるからである。祈りを通じて話し合えるからである。
宗教ごとに信仰の指針書がある。それぞれ大事にしながら読んでいる。私は、聖書を読むことから一日を始める。人と人との問題、地域の問題、国と国との問題、相手のことを大切にしあい、最善を尽くし、争いや殺りくを、この世の中から無くすことが聖書の教えであると確信している。
話は飛躍するが、戦争は人の力(意思)では止められない。聖書には予定説という神の希望に満ちた予言があるが、それでも、人間の意思だけでは戦争を防げないのである。


米国の戦争は、経済界の判断によって大きく左右される。北に対して先制攻撃も辞さずといっているトランプ政権だが、すぐに戦争を始められるわけではない。株価の安定、すなわち経済界の準備いかんによって決まるだろう。


日本は何をすべきか。危険なのは中国とロシア、そして北韓だが、北は黙っている時が一番怖い。妥協をほのめかすときは特に警戒が必要だ。
日本人の民度は高く、国の根幹は揺るがないだろうが、マスコミが国民を惑わせている。早期に国論を安定させ、日本が世界平和に寄与できるようにすべきだが、なかなかそうなっていない。北も中国もロシアも、核武装している。日本も同じく備えることは、いつ襲ってくるかわからない各種のリスクを減らすことにつながる。


広島と長崎の後遺症で、日本人が核に対して”アレルギー”を持っているのは理解できる。しかし、いつまでもこの状況を放置していてもいいのだろうか。


日本にとってもう一つ大事なことは、文在寅政権の根本を把握することである。日本の情報能力は、内閣調査室を中心に、世界的に優れていた。かつて韓国の中央情報部の作戦で、もっとも成功していたのが、旧日本陸軍中野学校出身者が指揮したものであった。


日本にとって韓国は有害な国か。それとも友好を保つべき国なのか。感謝すべきことは素直に感謝し、問いただすべきことは、理由と目的も踏まえて話し合うことが重要だ。主張が合理的で正当ならば、どちらも解決に応じるはずである。何が平和のため、両国のためになるのか。冷静になって、祈りを捧げ、知恵を出し合い、妥協し、争いのない関係を築くべきだ。


今の韓国が作り上げられていった時代、韓日関係は最も友好的であった。両国の指導者は、互いに理解しあい、尊敬しあっていた。なぜこのような理想的な関係を築くことができたのか。私は見てきた。聞いてきた。両側の使い走りをしたからよくわかる。両国のいい関係、逆に誤解している点を正確に伝え、隣国として必要としあえる国になるよう役立ちたい。私はいつも、そう祈っている。
(つづく)

2017-10-25 5面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
社会主義への体制変更のため 安保と経...
朴槿恵大統領弾劾の「嘘と真実」
猛暑乗り切る カンタン家庭料理~食欲...
ヨンジョンの 毎日眞味<7> クラゲ...
今週の人言(ひとこと)
ブログ記事
「民和協」代表常任議長・金弘傑は労働党の対日工作の手先!
機務司令部の解体は南労党の末裔たちによる大韓民国建国70周年への報復
自由体制守護のため国民抵抗運動を宣布する!-NPKの声明
「心」の問題
自由市場経済と社会主義経済の差(李炳泰KAIST教授)
自由統一
北韓・平壌近郊で核施設稼働か
北韓の交渉のカードとなった「米軍兵士...
集団脱北した従業員の送還を示唆か
金正恩体制でのCVIDは不可能
【韓国語版】미리 가본 4.27남...


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません