ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年04月05日 04:59
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱―90―
結婚生活(二)

柳根瀅

高徹 訳/馬瑞枝 画

暫くして、まさ子が沈黙を破った。
「両家のお母様に、あたくしから申し上げたいことがございます。娘に去られるお母さんも、息子に去られるオモニムも、寂しさは同じでございます。それで、あたしは実家の母のために一年間実家暮らしをしながら、週に一度は柳さんのオモニムのところへ仕えに行くことを約束します。ね、お母さん、いかがですか?」
まさ子の母は、娘の言葉に満足したのか、無言で私の母の態度をしきりに窺っていた。
「ああ、そうしなさい。賢いおまえの言うことに反対する人などいるものですか」
やっと、座中は安心したようであった。事がうまく運んだから早く出発しなさい、と主人がまた急き立てた。
主人の七人兄弟から五〇円、まさ子の母から七〇円の祝い金が入り、朝鮮人からは、母に対して五円が入った。旅費に使えと、まさ子の母が三〇円を出してくれた。
人力車に乗り、私たちはソウル駅に行った。私たちは改札口に向かった。主人、古沢、母、まさ子の母が見送りに来ていた。
二人は夕方の五時頃目的地に着き、「新井館」で旅装を解いた。暫く座ってタバコを吹かしていると、女中が寝巻きを運んできた。
「お着替えください」
「お風呂に入る?」
「そうしよう」
まさ子が先に着物を脱いで湯舟に入った。私も風呂に入った。
「あら、あたしったら、さっきはあなたを誘おうと思って、急いで入ったから、かけ湯することもすっかり忘れていたのよ」
「そんなことはどうでもいいじゃないか。さあ、入っておいで」
「ホホホ、ごめんなさい」
まさ子が湯舟に入ってきた。私は彼女のふっくらした頬を手で挟んで揺すってみた。
「揺すっても倭女よ。何をそんなに」
「倭女がそんなに嫌か?」
「今あなたがあたしの頬っぺを掴んで揺するから、思い出したのよ。ところで、どうしてあたしの夫になったの?」
「これはまた、何ということを?」
「あなたの口から先に出たのよ」
「ぼくの口から? ぼくがいつそんなことを言ったのかな。覚えていないな」
「それじゃ、あたしから言わなくてはだめ?」
「うん、言ってみな」
「よく思い出してね」
「うん、言ってみな」

 

2017-04-05 6面
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません