ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年03月23日 21:32
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱-88-
まさ子の発病(六)

 「さあ、まさ子。これを食べなさい。おまえのような病人にはこれが一番だ」
彼女はひと匙口に入れてみて、美味しいのか、一息に全部飲み干した。
「あら。すっかり座りこんじゃって」
「お母さん、どこに行くの?」
背負袋を手にした母親に、花子が尋ねた。
「夕食の買い物に行くの。あんたは夕ご飯の仕度でもしておいて」
母が出ていくと、まさ子が妹を呼んだ。
「花子」
「お姉さん。何?」
「歯磨き粉と歯ブラシを持ってきて。それから、お風呂の湯加減を見てね」
まさ子は部屋の中で歯を磨いた。
「柳さん」
「うん?」
「歯を磨いて匂いを消しちゃったから、キスしましょう」
「ちょっと待て。ぼくも歯を磨いてきれいにしないとな」
私は彼女と長いキスを交わした。
「お姉さん、お湯はちょっとぬるいけど、お姉さん一人だとちょうどいいわ」
「そう、行くわ」
まさ子が私を眺めた。
「一緒に行きましょう」
「うん、そうしよう」
私は彼女とともに風呂に入った。
まさ子の体はひどかった。裸の彼女の姿は気の毒で見るに忍びなかった。彼女の体はすっかり痩せこけていた。
「まさ子、ほんとにすまない。おまえの体がこうなるまで、ぼくのことを思ってくれていたんだから、さぞかし辛かっただろうね?」
「辛かったけど、会いたかったわ。それで毎日、母に頼んだの。あたしが死ぬ前にたったの一度でもいいから会わせてちょうだいって。そしたら母は、自分が話してみて柳さんが来なかったらそのときはあんたは死んでしまう、そんな決まりきったことを知っていながらどうして話しに行けるの? そう言うのよ。今日はあたしがあまりにねだるもんだから、やっと仕方なしに出かけてくれたの」
「人が死ぬかもしれないというのに、泥棒でもあるまいし、やってこない者がいるか?」
「行かないという母を恨むわけにもいかないし。あなたってほんとうに意地っ張りなんだから」
「意地を張るにも時と場合がある。人が死ぬかもしれんときに、何の意地か?」
「そんなあなたが、どうしてあたしをこんな目にあわせたの?」
「おまえがこうなるとは夢にも思っていなかった。もうそれくらいにしなさい」

2017-03-23 6面
 
高麗青磁への情熱-87-
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません