ログイン 新規登録
最終更新日: 2020-01-16 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年03月23日 08:48
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 毎号のように本紙でも報じてきたが、中国の韓国に対する、いや、ロッテに対する嫌がらせが、同社に深刻なダメージを与えている。それもそうだろう。中国で展開する店舗の多くが、一時的にではあるが営業停止に追い込まれているからだ▼THAADシステムを置く土地を韓国政府に提供(代替地と交換)したということが、中国の癇にさわったようだ。だからといって、あまりにも露骨なやり方に、韓国内では非難の声が高まっている――▼と思いきや、韓国内にはTHAAD配備を見直すべきとの意見が出ている。有力な大統領候補といわれる、かの御仁ですらそうだ。かつての宗主国のように振る舞われ、自国と自国企業への嫌がらせが続いているのに、結果的に彼らの要求に従おうとしているのだ▼場所は変わって東京。観光客が多く集まる新宿の繁華街近くに、区が大型観光バス用の駐車場を整備した。ショッピング目的の外国人観光客の利用が見込まれている▼その多くは中国人だ。バスを降りた観光客の足は、駐車場からほど近くにあるコリアンタウンに向かうこともあろう。中国政府がいかに自国民の韓国行きを止めようが、完全に「韓国排除」などできまい▼忘れてはいけないが、潮目はいつでも変わりうる。わずか1年半前、韓中は蜜月といわれた。その関係は、あえなく破たんした。今はこの世の春を謳歌していても、永遠には続かないと胸に刻んでおかねばなるまい▼そう。忘れないうちに言っておこう。駐車場の持ち主はロッテである。

2017-03-23 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
韓国の教科書に「在日同胞」掲載を
【寄稿】「朝鮮学校」教科書の中の在日...
民団大阪本部が保育園運営 21年4月開設
【新春対談】緊迫する東アジア情勢
【自由に基づく平和を求める保守市民の歩み】
ブログ記事
美学と芸術の歴史 第四章 北方ルネッサンス
美学と芸術の歴史 第三章 イタリア・ルネッサンス
公捜處は憲法破壊
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
自由統一
北の人権侵害 傍観者決めこむ文政権
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません