ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-06-12 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年03月01日 14:07
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 日本最大のレースとなる東京マラソン。11回目を迎えた今大会からコースが一部変更となり、ゴール地点が東京駅前になった▼男子の先頭でゴールテープを切ったのはケニアのキプサングだった。タイムは2時間3分58秒。コース変更によって後半のアップダウンがなくなったことが好記録につながった一因だろう▼日本人選手のトップは井上大仁で、8位と健闘したものの、トップに遅れること約4分半だった。女子はトップのチェプチルチル(ケニア)から7分以上遅れて、藤本彩夏が4位でゴールに飛び込んだ▼日本の長距離界は、世界との差が広がる一方だと叫ばれて久しい。レースディレクターは公式ホームページで、「日本国内最高記録の2時間5分18秒をどうしても東京マラソンで更新して欲しい」と述べている▼コースを平坦にしてまで好記録を出してもらおうという運営の姿勢には、一抹の寂しさも覚える。確かに昨今のマラソンは高速化がトレンドだ。世界6大マラソンに、東京とともに名を連ねている他都市のコースレイアウトも、タイムが出やすくなっているところが多い▼だが、この世に多くのスポーツはあれど、マラソン以上に人生に例えられるものはない。2時間以上に及ぶ過酷なレースは、時に誰かの人生の起伏と一致しよう▼思い出したい古いレースがある。1992年、バルセロナ。黄栄祚と森下広一が、オリンピック優勝をかけてモンジュイックの丘を並走しながら駆け上がった。マラソンにはやはり、坂が似合う。

2017-03-01 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「韓自協」が結成・決起大会
大阪・金剛学園に吹く革新の風
文在寅政権 米国当局の牽制で反米姿勢が委縮
亀裂深まった韓米同盟
暴君のための洗脳教育を中止せよ
ブログ記事
文在寅に問う!
共感を考える研究会
文在寅の不安な精神回路、その解離
哲学的疑問と哲学的感情
自由の風、ここに(審判連帯のロゴソング)
自由統一
近づく金正恩体制の終末
北側が弾道ミサイル発射
罠から脱出するため文在寅を脅迫する金正恩
「自由朝鮮」の挑戦に震える金正恩王朝
悲鳴を上げる金正恩


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません