ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年02月16日 06:12
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱-83-
まさ子の発病(一)

 それから三日後、昼食を終え、タバコを喫いながら仕事を始めようとしたとき、崔鎭煥君がやって来た。
「柳君、君の義理のお母さんが来てるよ。さあ、行ってみな」
「馬鹿なことを言うなよ。ぼくに義母なんかいないよ」
仕事道具を取り出そうとすると、石田の声が聞こえてきた。
「おばさん、いらっしゃい」
その声に振り返ると、まさ子の母が彫刻室の近くにいた。
「おばさん、いらっしゃい」
挨拶をすると、まさ子の母は無表情にぼんやりと、私のいる方を眺めた。
「おばさん、お元気ですか?」
石田がまた訊いた。
「元気も何も、この頃は……」
なぜか言葉尻がすっきりしない。
そこへちょうど主人夫婦が帰って来た。二人も挨拶を交わした。
まさ子の母は無言で主人の後を従いていったが、その表情は不機嫌そうだった。やがて古沢を呼びつける声がして、それからこんどは古沢が私を呼びに来た。
「柳君、主人の家にちょっと来てくれないか」
「何でだ?」
「行けばわかることさ。早く道具をしまって、行きなよ」
仕事道具を一つひとつ片付け、主人の家に向かった。何かしらすっきりしない。古沢がお茶とカステラを運んできた。私がお茶を飲みながらカステラを一つ頬張っている間、彼らはひと言も喋らなかった。部屋の中では、主人夫婦を中心にして、その横にまさ子の母が座り、私の横に古沢がいた。
部屋の空気は、あまりにも寒々としていた。冷たい風が漂っている。とうとう主人の奥さんが沈黙を破った。
「これをもっと召しあがれ」
彼女はカステラとリンゴを勧めた。
「昼食を済ませたところで、お腹が空いていません」
「昼食後でも、いつもならカステラの四個や五個は食べるのに、今日はどうしたの?」
古沢が低い声で言った。
「柳君はもともと物事の飲み込みが早くてね」
そのとき、主人が私に話しかけた。
「柳君」
私は主人を見上げた。
「はい」
「まさ子が死にそうなんだ」
「エッ?」
驚いて私は主人とまさ子の母を交互に見た。

2017-02-15 6面
 
高麗青磁への情熱-82-
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
ブログ記事
大韓民国はロウソク政権の挑戦に応戦せよ!
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
精神論〔1758年〕 第三部 第4章 注意力の不等性について
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません