ログイン 新規登録
最終更新日: 2019-12-11 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 連載
2017年02月01日 23:15
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱-81-
求婚(一五)

 日本人巡査は誰彼となく「おまえ、日本語わかるか?」と訊いた。しかし、そのたびに皆「わからんです」の返事だった。このとき、向かい側から眺めていた梅子が、いたたまれなくなって、前に出てきた。私が口を押さえて、何も言うなという合図を送り、さらに、あっちへ行けと手振りで示した。彼女はすぐに気づいて、にこっと笑うと向こうに去っていった。
 とうとう、いわば通訳が現れた。うまくはないが、だいたいのところはわかるという男だった。
「この二人が喧嘩したんだが、一体何なのか訊いてやってくれ」
男が私に訊く。
「どうして喧嘩になったのですか?」
「あの向こうに黄金遊園があるでしょう? あそこでぼくがブランコに乗っていると、この人が急に走ってきて、下駄でぼくの尻を殴りつけるじゃないですか。人間、感情の動物、訳もなしに殴られて黙っている者がいますか? それで、ブランコから降りてこの人の向こう脛を足で蹴ったんです。この人が何度も下駄を振りあげてかかってくるんで、こんどはその下駄を取りあげて垣根の外に放り投げてやったんです。すると、この人が派出所に行こうって言い出したもので、こうしてやってきたってわけです」
その人は私の話を聞き終わると、こんどは日本人巡査に向き直った。
日本人巡査は通訳ができたことで嬉しくなって話の続きを待った。
「あのファングムユウォンがあるでしょう?」
「ファングムユウォンが何かね?」
と聞き返し、集まってきた人たちの方を眺めた。その中の一人が「黄金遊園です」と口をはさんだ。
「それから?」
「それから、この人がブランコに乗って、ワッタリカッタリしたです……」
「ワッタリカッタリが何かね?」
その人は、ブランコに乗って行ったり来たりする真似をしてみせた。
「わかった、わかった。この人がブランコに乗って、あっち行ったり、こっち来たりしたんだろう。それから?」
その人はこんどは日本人の方を指して言った。
「それから、あの人が下駄でこの人の尻を殴ったです」
こんどは日本人巡査も、何のことかわかった様子だった。
「あ、そうか。あの人が下駄を持ってこの人の尻っぽをボコンと殴った。そうだね?」
「ええ、そうです。それからまた、この人が殴られて腹が立って、下駄を取って、さっと投げ捨てたんです」
「あ、そうか。わかった。叩かれて、癪に障ったから下駄を取ってピーンと投げた。そうだね?」

2017-02-01 6面
 
高麗青磁への情熱-80-
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
18年にフッ化水素輸入が急増
国民への対決を宣言した文政権
民団、「北送」は「帰国事業」か
崩壊する文在寅政権、悪の素顔
脱北船員を秘密裏に北送
ブログ記事
精神論〔1758年〕 第三部 第12章 権勢の追求において
精神論〔1758年〕 第三部 第11章 野心について
文在寅政権への最後通告!
曺国を法務部長官に任命したことで社会正義と倫理が崩壊した!
感情論
自由統一
北韓の電力不足 世界最悪レベル
金正恩体制で続く異常徴候
海兵隊、北側の要塞化した島嶼を焦土化計画
決戦に出た脱北者
米国 反米文在寅政権を抑制


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません