ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-07-22 08:15:32
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年02月01日 08:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 韓国で今、盛んに叫ばれている言葉の一つに「メディアの乱」というものがある。朴槿惠大統領をめぐる一連の騒動が持ち上がって以降、盛んに聞かれるようになった。メディアが根拠のない報道で世論をあおり、国を混乱に陥れているという意味である▼こうした中、朴大統領のとった行動が注目されている。インターネット放送とのインタビューに応じ、今まで語られることのなかった心境を口にしたのだ。歴代大統領の中に例を見ないことだ▼米国ではトランプ大統領が、SNSを多用することで知られている。トランプ大統領も、決して既存のメディアと良好な関係を築いているわけではない。むしろ、攻撃の対象とされてきた▼こうしたメディア不信が根底にあるのだろう。トランプ大統領は重要な政策決定までもSNSに先に流し、後に広報官が説明するということは珍しくない。ホワイトハウスの記者室も、移転するとかしないとかでもめている▼話を韓国に戻せば、朴大統領もトランプ大統領と似たような心境だっただろう。悪意を持って自身を攻撃してきた既存メディアへの「反撃」である▼韓国における「メディアの乱」は、今も続いている。しかし、弾劾に反対する集会が開かれ、しかもそれは拡大している。これは世界のどこにも見られない動きだ▼権力のチェック機能というのがメディアに課せられた役割の一つだ。しかしそれを逸脱し、混乱を助長すれば市民はどうすべきか。韓国では今、世界が注目すべき戦いが繰り広げられている。

2017-02-01 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
文在寅政権の全体主義独裁を警告する
韓国企業、日本人学生に人気 ~在日の...
「革命政権」に冷淡な同盟 
東京でも「金正恩を許すな」
大統領の国憲びん乱 
ブログ記事
涙の七夕・・・父の四九日、永久のお別れ
新・浦安残日録(6)
You Raise me Up
6.25戦争勃発67周年に際して
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
自由統一
米本土届くICBM 米国社会に無力感も
制裁以外の有効打は 李相哲教授が講演
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません