ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-09-22 08:26:46
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2017年02月01日 08:51
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 韓国で今、盛んに叫ばれている言葉の一つに「メディアの乱」というものがある。朴槿惠大統領をめぐる一連の騒動が持ち上がって以降、盛んに聞かれるようになった。メディアが根拠のない報道で世論をあおり、国を混乱に陥れているという意味である▼こうした中、朴大統領のとった行動が注目されている。インターネット放送とのインタビューに応じ、今まで語られることのなかった心境を口にしたのだ。歴代大統領の中に例を見ないことだ▼米国ではトランプ大統領が、SNSを多用することで知られている。トランプ大統領も、決して既存のメディアと良好な関係を築いているわけではない。むしろ、攻撃の対象とされてきた▼こうしたメディア不信が根底にあるのだろう。トランプ大統領は重要な政策決定までもSNSに先に流し、後に広報官が説明するということは珍しくない。ホワイトハウスの記者室も、移転するとかしないとかでもめている▼話を韓国に戻せば、朴大統領もトランプ大統領と似たような心境だっただろう。悪意を持って自身を攻撃してきた既存メディアへの「反撃」である▼韓国における「メディアの乱」は、今も続いている。しかし、弾劾に反対する集会が開かれ、しかもそれは拡大している。これは世界のどこにも見られない動きだ▼権力のチェック機能というのがメディアに課せられた役割の一つだ。しかしそれを逸脱し、混乱を助長すれば市民はどうすべきか。韓国では今、世界が注目すべき戦いが繰り広げられている。

2017-02-01 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
「大韓民国が恥ずかしい」
日韓トンネルで講演会
[動画] 世界一恐怖の水素爆弾
【パチンコ規則改正を読む】小規模ホー...
李洙勲慶南大教授 新駐日大使に内定
ブログ記事
‘朴正煕生誕100年’に残したい話
大韓民国はロウソク政権の挑戦に応戦せよ!
新・浦安残日録(8)
「星州の赤い月」、THAAD配備反対暴動は青瓦台が使嗾
東アジアの「核のドミノ」は始まるのか
自由統一
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決
北の狙いは米との不可侵協定
北、ミサイル発射 
またICBM 北、真夜中に発射


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません