ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-06-24 08:06:40
Untitled Document
ホーム > 連載
2016年12月14日 23:17
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
高麗青磁への情熱-77-
求婚(一一)

 その後、ある日本人が優美館を建てて、その四人の弁士を皆引き抜いた。当時徐相昊は悲劇の解説とふざけ踊りを得意とし、金悳経は人情劇に定評があった。一方、李炳祚は活劇の解説にすぐれ、崔炳龍は喜劇の解説に秀でていた。
そんな中で、優美館はまた別のヒット作を上映した。アメリカのユニバーサル映画社製作の長篇、四四巻もの「鳴禽」と、パラマウント社の三三巻もの「ハード三」で、両方とも独占上映したため、高等演芸館は閑古鳥が鳴いた。
 それから暫くして「光武台」主人の朴承弼が東館前に団成社という劇場を建て、優美館の弁士四人と映画までも引き抜いたので、優美館の人気がそのまま団成社に移った。したがって、それまで優美館で待機していた人力車も団成社へと移動した。
映画が終わると、徐相昊は花柳界の女のところに帰った。その後、彼は女の勧めでモルヒネに手を出すようになった。最初は何気なく興味半分にやっていたが、中毒になってしまったという噂だ。
その後彼は、花柳界でも冷遇され、団成社の同僚弁士たちからも疎んじられ、やがてトーキー映画が出ると無声映画が後退し、徐相昊と林聖九は女で身を滅ぼしたのである。
当時、黄金遊園の入園料は二銭だった。午前中に入場しようが、夕方だろうが、一回の入場料二銭には変わりなかった。
正門で入場料を受け取るのが、梅子という一七歳の娘だった。私は二日、三日は二銭で入ったが、次の日は一銭で入ろうとした。
「一銭ではだめです」
受付の娘は頑として聞かない。
「どうしてだめ? 朝来て一日中遊んで晩までいて二銭なら、半日も遊ばないんだから一銭でいいじゃないですか」
「一銭ではだめです」
「いやなら、出さん」
私は一銭を再び受け取りポケットに収めると、鉄棒のある方に走っていった。娘はそこまで追いかけてきたが、人がいたので、そのまま戻っていった。その日はそれですんだ。
次の日も一銭を差し出したが、受付の娘は前日同様「だめです」と言うばかりだった。私も同様にそれをまたポケットにしまい込んで、今度は遊動木に乗って行ったり来たりしていると、彼女は私のところへやってきて無言で私をじっと珍しそうに眺めながら、「なんて乗り方がうまいんでしょう」と言った。彼女は私から入場料を取るのも忘れて、「あたしも、ちょっと乗ってみようかしら」と言った。
「貴女も乗ってみなさい」
「ええ、乗ってみようかしら」
「乗せてあげるから、さあ」
彼女の体を支えて片方に乗せた。

2016-12-14 6面
 
高麗青磁への情熱-76-
뉴스스크랩하기
連載セクション一覧へ
朝総連がまた民団に揺さぶり
大阪で初の韓日共同行動 
【映画】『きらめく拍手の音』(韓国)
北、ミサイル挑発持続 文政権は対北宥...
韓・日破綻狙う「慰安婦工作」
ブログ記事
新・浦安残日録(5)続・晩節の“選択”
『徒然草』における共感について
精神論〔1758年〕 第三部 第3章 記憶の広さについて
共感を考える研究会《第11回研究会のご案内》
張夏成(文在寅大統領の政策室長)の二極化主張の虚構
自由統一
北無人機、THAADを撮影
こん睡状態で帰国
「6.15記念行事」共同開催不発
北、ICBM開発完了を宣言 
北の外貨獲得手段 多岐に


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません