ログイン 新規登録
最終更新日: 2017-11-24 08:24:17
Untitled Document
ホーム > 主張 > オピニオン
2016年11月02日 00:31
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
瞻星臺=編集余話

 「道鏡を皇位に就かせよ」という神託をきっかけに、朝廷が紛糾した宇佐八幡宮神託事件が起きたのが、今から1200以上前、奈良時代のことである。孝謙天皇(称徳天皇)に取り入った僧・道鏡が、皇位に就こうと画策したといわれる▼帝政ロシアの末期、皇后の信任を背景に権勢をふるったラスプーチン。暗殺という最期を迎えたが、翌1917年のロマノフ朝瓦解を引き起こした一因といわれる▼ここのところ韓国を騒がせている女性も「韓国のラスプーチン」というありがたくない名前で呼ばれている。朴槿惠大統領に「助言」を与えていた崔順実氏である▼崔氏自身の信仰はわからないが、父は新興宗教の祖である。現大統領の父の時代から関係はあり、当時の朴正熙大統領は、テロで母を亡くした娘に取り入る彼らに警戒感を抱いていたようだ▼詳しいことは今後の捜査の進展を待たねばなるまい。しかし、韓国に安全保障上の脅威が降りかかろうとしている今、国家の力を総動員して対応を急がなければならない今、あまりにも痛い政治の停滞である▼皮肉にも朴大統領は、自分の後に続く大統領の任期を変えようと、憲法改正に言及したばかりだった。まさかその直後に自分の政治生命が終わりかねない事態が起きるとは思っていなかっただろう▼件の崔氏は調査を受け、集まったメディアの前で「死んで償うほどの罪を犯しました」と泣いた。すべての疑惑について正直に話してほしい。泣きたいのは彼女以外の国民の方である。

2016-11-02 1面
뉴스스크랩하기
オピニオンセクション一覧へ
多様化する「韓国籍」 10年で22万...
内容も手続きも違憲・違法 大韓民国の...
【新連載】韓昌祐経営論 マルハンの企...
国家が法を守らないなら、国民が自分を護れ
積弊清算の終着点となった李明博元大統領
ブログ記事
新・浦安残日録(号外2) 家で終末を迎える日々
“力を通して平和を維持する”、トランプ米大統領の韓国国会での演説
「共産主義者・文在寅を逮捕せよ」(朴槿恵大統領釈放を要求する示威、10月21日)
朴槿恵大統領を釈放せよ、孫石煕(JTBC)を拘束せよ!
朴槿恵被告の拘束を延長してはならない8つの理由
自由統一
米、北韓をテロ支援国に指定
北韓が開城工団を再稼働
9億ドル超の借款 北の返済ゼロ
核・ミサイル開発に30億ドル
安保理の制裁可決


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社概要 会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません