ログイン 新規登録
最終更新日: 2021-10-20 00:00:00
Untitled Document
ホーム > 自由統一 > 北韓問題
2016年10月13日 04:39
文字サイズ 記事をメールする 印刷 ニューススクラップ
 
 
「北の権力中枢は組織指導部」
「脱北詩人」張真晟氏が講演

 北韓の強制収容所廃絶を目指す「NO FENCE」が8日、都内で集会を開いた。「北朝鮮の権力中枢で何が起きているのか」をテーマに、北韓のニュースサイト「NEW FOCUS」代表の張真晟氏が講演を行った。

「秘密集団指導体制構成員」について説明する張氏

 張氏は北韓の権力構造について、金正恩の独裁を演出しているものの、実際は労働党の組織指導部が実験を握っていると指摘した。張氏は組織指導部を背後で操っている「秘密集団指導体制構成員」として5人の名を挙げた。呉克烈・国防委員会副委員長、金京玉・党組織指導部第1副部長、趙延俊・党組織指導部第1副部長、黄炳瑞・人民軍総政治局長、金元弘・国家安全保衛部長だ。いずれも金正日が金日成から権力を承継した時期から首領体制を支えてきており、背後操縦の経験も豊富だと述べた。高齢の彼らが世代交代を迎える時期になれば北韓体制が揺らぐとの見方も示した。
張氏は朝鮮労働党で対南工作を担当する統一戦線部出身。対南心理戦を担当する作家として活動していたが04年に脱北した。「脱北詩人」とも呼ばれている。

2016-10-13 3面
뉴스스크랩하기
北韓問題セクション一覧へ
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
民団「正常化委」15日に解散声明発表
【民団】中央執行委が実効的措置 正常...
朝総連と韓統連 利敵団体を共同運営
ソウルを東京に擬える 第5回 問屋街...
ブログ記事
文句は直接言え
精神論〔1758年〕 第三部 第15章 身体的な苦への恐れと快への欲望とは
哲学と文芸
反動の心理
精神論〔1758年〕 第三部 第14章 友情について
自由統一
戦争と流血を呼ぶ終戦宣言
西欧同盟を揺るがしたAUKUS衝撃
被告・金正恩の口頭弁論、10月に
ポスト金氏王朝を巡る熾烈な権力闘争
金正恩、軍統帥権を喪失


Copyright ⓒ OneKorea Daily News All rights reserved ONEKOREANEWS.net
会社沿革 会員規約 お問合せ お知らせ

当社は特定宗教団体とは一切関係ありません